阪急交通社は、2016年4月から2017年3月までのフリープランのツアーの旅行代金の推移を、月別、発着地別に調査し、結果を発表した。

調査は関東、関西発の北海道、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄を目的地とする3日間のフリープランの、4名参加の大人1人あたりに旅行代金を元にしている。

関東発の沖縄行きでは、8月と比べて11月には7割近く安いという結果となった。8月は需要が非常に高いものの、9月、10月と比較的なだらかに安くなり、大型連休がなく、気温も下がってビーチ営業がなくなってくる11月に、大きく料金が下がるという。ゴールデンウィークと夏休みに挟まれた6月も非常に安い傾向だった。関西発も同様の結果となった。

関西発の北海道行きでは、12月が一番高く、6月が6割近く安い結果となった。12月と1月は年末年始を中心に旅行需要が高く、旅行代金も高騰している。一方で関東発の場合は最高値となるのは7月、最安値となるのは3月だった。関東発の大阪行きでは8月、関西発東京行きは12月が最高値だった。最安値はいずれも6月だった。

全体の平均では、2月、6月、11月は金額が安い傾向にあった。