江戸が壊滅!?江戸時代に関東地方を襲った「安政3年の台風」の凄まじさ

写真拡大 (全4枚)

毎年多くの台風に見舞われる日本ですが、それは昔も変わりませんでした。特に江戸時代の「安政3年の台風」は江戸の町に甚大な被害をもたらしました。

歴史上の台風

そもそも台風の歴史をご存知でしょうか? 実は「台風」という名称が使われるようになったのは1956年(昭和31年)と、わりと最近のことです。それまではどう呼ばれていたのでしょうか?

平安時代は「野分(のわき・のわけ)」と呼ばれていました。風が野の草を吹いて分けることからこの名称が付きました。あの『源氏物語』にもその名称を確認することができます。江戸時代になると「颶風(ぐふう)」と呼ばれるようになり、明治時代になって「大風(おおかぜ)」や「颱風(たいふう)」と今日にも通ずる呼び方になりました。

歴史上で有名な台風が「弘安の台風」。1281年(弘安4年)、この台風が日本に侵攻してきたモンゴル軍を襲い、撤退に追い込みました。このことから「神風」なんて呼ばれています。

「安政3年の台風」って?

「安政3年の台風」は1856年9月23日から24日の夜にかけて関東地方を襲った台風。非常に強い勢力を持ったまま、伊豆半島付近から江戸の西側を通過しました。恐るべきはその猛烈な風でした。風による被害だけでなく、それによって引き起こされた高潮と洪水が江戸の町を襲ったのです。被害は江戸をはじめ、関東の広い範囲に及び、約10万人もの死者を出しました。

江戸の町に及ぼした被害

江戸幕府の治水工事によって多くの運河や堀があった江戸の町は「水の都」と呼ばれていました。そんな江戸を悩ませていたのが洪水でした。この台風の雨によって隅田川が流れる本所深川のエリアは浸水被害に…。

さらに高潮も発生。本所深川エリアに加え、芝・品川では1m程の高潮に見舞われ、沿岸地域の建物はほぼ倒壊。これによって溺死した人も多かったとか……。

停泊していた多くの船が街道まで打ち上げられた他、流された船によって永代橋が破壊されました。また暴風により築地本願寺の本堂が破壊され、江戸の人々を驚かせました。

このように今も昔も大きな被害をもたらす台風。皆さん、不要な外出はなるべく控えましょうね!

画像出典:安政風聞集(早稲田大学図書館)