画像提供:マイナビニュース

写真拡大

お台場旧車天国2017実行委員会は11月19日、「お台場旧車天国2017」をお台場の特設会場にて開催する。

同イベントは、クラシックカーオーナーミーティング(4輪・3輪・2輪・国産車・輸入車・スーパーカー)を中心としたクラシックカー&バイクの総合イベント。700台のクラシックカー&バイクが東京・お台場の特設会場に大集結し、マニアックな車両の特別展示、試乗体験やステージイベントなどのサブアトラクションも充実している。

また、250枠を超えるスワップミート&企業ブースがギッシリ並び、貴重な絶版パーツ、古本、歴史資料を始め、各種グッズやミニカーなどの展示即売も実施。さらに、子どもから大人までみんなが笑顔になれるアトラクションも多数用意。秋空の下、家族みんなで「クルマの趣味」を共有・体験できるという。

「天国エリアと地獄エリア」は、全国から集まったクラシックカー&バイク700台や、超貴重な国産・輸入クラシックモデルをずらりと展示。1985年以前生産の「味のある貴重なクルマ」たちが勢揃いする"天国エリア"と、1986年以降に生産された「珍しい」「マニアックすぎる」車両が集まる"地獄エリア"の競演となる。

「マニアック天国(超マニアックな車両展示)」は、珍車に名車、至宝にキワモノ、変態車両がズラリと並ぶ旧車天国名物エリア。激レア車両を間近で見られる大チャンスとなる。例えば、メッサーシリーズ初の4輪モデル「Tiger」、水陸両用車両「FORD GPA1942」、「スーパーセブン親子」、「昭和36年製消防三輪車」、飛行機型のモーターサイクル「パルス」、「鳴門金時・焼き芋カー」、ホンダS600をベースに製作した「グリフォン」3台展示、三菱ふそうトラック「スーパーグレートVスパイダー」、デコトラのあの名車、働くクラシックタクシー、迫力のある軍用車両、おしゃれなアメ車クラシックなど40台が集結する予定となっている。

「マツダロータリー天国」は、今年はマツダのロータリー誕生50周年を記念したもの。コスモスポーツ、初代RX-7、プログレスコスモをはじめ、ファミリアクーペ、サバンナRX-3、カペラロータリークーペ、ロードペーサー、ルーチェレガートなどが勢揃いする。

大好評のボンネットバス試乗会「試乗体験天国」では、参加・体験型の遊び場も充実。今回は、乗車体験が可能なラジコントレーラーが初登場し、有名車両と記念撮影することもできる。乗って遊べるクルマの遊園地になっているため、家族みんなで楽しめるという。

「お買い物天国」は、250枠を超えるスワップミート&企業ブースがギッシリ並ぶ買い物ゾーン。クラシックカーはもちろん、カー用品、バイク用品、アクセサリ、部品、ケミカル、絶版パーツ、ミニカー、ステッカー、雑誌など買い物を存分に楽しめる。

「体験型・旧天横丁」は、クラシックカー展示のそばに昔懐かしいレトロ空間が出現。親子孫3世代で、古き良き時代にタイムトリップできる。昭和の時代、学校帰りに遊んだベーゴマやザリガニ釣りができるコーナーも用意。ソフト麺、コッペパン、揚げパン、ミルメークといった、昔懐かしい当時の学校給食の飲食店も登場する。今回は初のザリガニ食キッチンカーも登場するとのこと。

「ステージ天国」には、名車のエンジン始動&オーナートークショー、「KISSトリビュートバンド」や「ロカビリーバンド」音楽LIVE、フラメンコショー、イベント来場者が選ぶ参加車両のアワードなど盛りだくさん。昭和レトロファッションコンテストも実施する。昭和の古き良き日本や欧米をイメージさせるファッションを身にまとい、平成のお台場をレトロで埋め尽くすファッションコンテストを開催。なお、同コンテストは「お台場旧車天国2018」のイメージキャラクターの選考も兼ねており、グランプリに輝いた出場者が来年のイベントPRを務める。

開催日時は、11月19日9時30分〜15時30分(雨天決行)。会場は、東京都江東区青海(青海臨時駐車場)・臨海副都心青海地区お台場特設会場(船の科学館駅前)。入場料(税込)は、当日券/一般(中学生以上)1,500円、 前売券/一般(中学生以上)1,200円。500円分の金券付き。小学生以下は無料。