フィーユの夜ご飯の時間と旦那さんが夜勤で起きる時間はそんなに差がないのですが、数分でもおとーちゃんと一緒にいたいフィーユはご飯を食べたらすぐに寝室に戻りたいアピールをします。
もちろんおかーちゃんバスになってフィーユを安全に寝室までお連れします。
でも、ちょっと悔しいのと階段の往復がしんどいおかーちゃんなのでした。

必死のアピールを続けるフィーユです。