新人キャバクラ嬢・舞を演じる岡本夏美/撮影=大川晋児

写真拡大

AbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」およびABCテレビで放送中の夏菜主演ドラマ「ハケンのキャバ嬢・彩華」。

【写真を見る】脚線美も魅力! 岡本夏美のスペシャルグラビア/撮影=大川晋児

本作は、夏菜演じる主人公の御倉花が昼間はひぐらし信用金庫の融資室受付として勤務するさえないOL、夜になると源氏名・一条彩華となり、客やホステスのトラブルを解決する「伝説のキャバ嬢」としてクラブ「セ・ラ・ヴィ」を舞台に大活躍するというドラマだ。

WEBサイト「ザテレビジョン」では、本作にキャバクラ嬢役で出演するキャストにリレーインタビューを実施し、4回にわたって掲載する。

第2回は新人キャバクラ嬢・舞を演じる岡本夏美が登場。実年齢ではまだ19歳と、未成年ながらキャバクラ嬢を演じる心境や、ここは誰にも負けないというアピールポイント、もし指名するならどのキャストがいいか?など、さまざまな質問に答えてもらった。

――とてもきらびやかな衣装ですが、ご自身のキャバクラ嬢姿を見ていかがですか?

私は未成年なので、職業ものの役にお声掛けいただいたのは正直ビックリしました。お酒のつぎ方も全く分かりませんでしたし(笑)、演じてきてちょっとだけキャバクラ嬢さんの立ち居振る舞いを習得できたかなと思います。

衣装に関しては、派手な服を着る機会って普段はほとんどないので、この衣装を着ているとすごく緊張します。

――ドラマの撮影を終えられ、あらためて振り返っていかがですか?

すごく楽しかったです! 久々に撮影終わるのが寂しくて、クランクアップで泣きました。

毎日朝から晩まで撮影してきたんですけど、スタッフさんの笑顔が印象に残っていますし、共演者の方も皆さん笑わせてくれる現場なので、本当に毎日が楽しかったんです。

――ムード―メーカーはどなたでしょうか?

撮影場所ではスタッフさんや、ゲストで毎回来てくださっている俳優さんのキャラが濃くて、お芝居もそうですが、全体的な現場のムードがすごく良かったんですよ。

スタッフさんも含め、みんなで楽しくやろうぜ!という空気が流れていて。関西の方も多かったので、誰かがボケて誰かがツッコむ、というのを繰り返していました。

――舞は大学生の役ですが、役作りに関してはいかがでしょうか?

舞ちゃんはとっても純粋で、何事にも真っすぐなんです。せりふを吐くときのトーンなど、ピュアで素朴な感じが出ればいいなと思いました。

――AbemaTVでの放送ということに関してはどう思われますか?

ここまでできるんだ!と思いました。夜の世界なのでディープな世界のお話になっているんですけど、AbemaTVさんで放送されるということで、地上波ではできないようなことにも挑戦していて、その辺もすごく新しいなと思いました。

制限があまりないことで、描きたいものを忠実に描けるのかなと思いますし、演じていてとても楽しかったです!

――岡本さんがもしお客さんだったら、共演者の皆様でどなたを指名したいですか?

それは他のキャストの皆さんに申し訳ないですけど、即答で夏菜さんです! 

私は舞役をやらせていただいていて、舞も夏菜さん演じる彩華に憧れを抱いているんですけど、私もそのまま夏菜さんに憧れちゃうくらいすてきでカッコイイ女性なので。

一緒に接客のシーンをやっているときも、私がヘルプにつくという場面が多くて、間近で接客する姿を見ていたら色気もあって、かわいらしさもあって、“夜の女性”に必要な要素を全て備えているような感じがしました。キャバ嬢というより、本当に高級なクラブのNo.1のような雰囲気があってすてきです。

――夏菜さんとどんな話をしたいですか?

お話するのもいいんですが、ドラマでは面白いゲームを毎回やっているので、そういうゲームを一緒にやりたいです!

――他のキャストと比べて、「自分は○○が1番」というものは何でしょうか?

えー!! (笑) そうですね、セクシーさは勝てないので、一番真面目というところでしょうか(笑)。以前、私が主演させてもらった映画でもライバル役でもご一緒させてもらった増田有華ちゃんには、「ナツは真面目だね!」って言ってもらったんですよ。

「その真面目さを突き通してほしい!」って言われたので、突き通したいですね。今作では、皆さんに妹のようにかわいがっていただいたので、本当に撮影が楽しかったです。

――突然ですがドラマから離れまして、岡本さんにとって「●●の秋」といえば何でしょうか?

「芸術の秋」にしたいです! 国立新美術館などもよく行くんですけど、先日「六本木アートナイト2017」という、六本木全体でアートな世界観を表現するイベントがあって、行ってきました。

いろいろな所に作品が飾られていて、人が作品になっていたり、眼鏡に触ると人が突然出てきてお芝居を始めたり、そういう粋な演出もあるんですよ。プロポーズのためのフラッシュモブのような感じで。それを六本木でやるというのもすごいですし、アートってこんなに幅広いんだなと、ますます興味が湧きました。

――真の芸術を知ることで、役者として幅が広がりそうですね。

そうですね! そういうのを見て、感じたらちゃんと発信しなきゃいけないなと思っているので、この秋は「芸術の秋」を発信していこうと思います!

――秋といえば「ハロウィーン」もありますが、何か思い出はありますか?

もうすぐですよね〜! 最近は毎年お仕事でハロウィーンらしいことできていないんですけど、小さいころは仮装してディズニーランドに家族で行ったことがありました。そのとき、私と弟がドラキュラの仮装をして行ったんですよ。

でも、人数制限で入れなくて、ドラキュラの仮装をしたまま、号泣してメークもアイラインもズタズタになって、自分がお化けなんじゃないかというくらいの格好になって帰りました(笑)。その翌週に連れて行ってもらいましたけどね!(笑)

――いい思い出ですね(笑)。では、最後に読者の方へ“セクシーに”ドラマのアピールしていただけますか?

残念ながら私はセクシーさとはかけ離れているので、頑張らないといけませんね(笑)。

19歳になりましたし、この作品では少しでも大人な一面を見ていただけるんじゃないかなというのもありますし、ドキッとするシーンもたくさん撮りました。頑張って色っぽくなるように撮影したので、ぜひ私のセクシーな面も見ていただければと思います!