連続テレビ小説「わろてんか」第4週がスタート/(C)NHK

写真拡大

連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の見どころや裏ネタを、全26週にわたって紹介している本連載。

【写真を見る】藤吉(松坂桃李)の衣装に伏線あり?/(C)NHK

4回目となる今回は、「藤吉の衣装」と「“いけず”な姑」をピックアップ! それではさっそく、行ってみよう。

■ 藤吉の衣装に伏線あり?

“ロミオとジュリエット”さながらの恋を繰り広げていたてん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)がついに駆け落ちし、急展開を迎えた「わろてんか」。10月23日(月)より始まる第4週から、大阪編に突入する。

京都編の最後となった10月21日放送の第18回では、てんの妹・りん(堀田真由)が自ら家を継ぐことを申し出たり、“鬼の目にも涙”ならぬ儀兵衛(遠藤憲一)の目に涙が光ったりと、家族それぞれの思いがぶつかる感動的なシーンが続いた。

そして、藤吉からてんへのプロポーズ。「一生…一緒に、わろてんか?」という藤吉の言葉を、てんは迷いのない笑顔で受け取る。

この時、藤吉が着ている旅芸人一座の芝居衣装だが、実は背中に大きな鶴が描かれている。初めててんと出会った時の着物には龍があしらわれており、鶴のものは、藤吉が大人になってからの衣装だ。

ちなみに、てんのモチーフは「鳥」。8年間もてんに手紙を書き続けていた藤吉は、知らず知らずのうちに、てんの存在を「背負って」いた…というのは深読みし過ぎだろうか?

■ 朝ドラ名物!?“いけず”な姑が登場

京都を出て、大阪・船場にある藤吉の実家「北村屋」へとやって来た2人。だが、そこには愛想のかけらもない藤吉の母・啄子(鈴木京香)が待ち構えており、さらには藤吉の許嫁だと楓(岡本玲)を紹介する。

この啄子が、とにもかくにも“強敵”なのだ。てんを女中扱いし、まるで雑巾のようにこき使う。「君の名は」(1991〜92年)でヒロインを務めていた鈴木が、26年の時を経て、存在感たっぷりに朝ドラに凱旋(がいせん)する。

“いけず”な姑として思い出されるのは、「ごちそうさん」(2013〜14年)でキムラ緑子が演じていた和枝。ヒロイン・め以子と「お互い死ぬまで“いけず”し合う」と約束したほどで、「わろてんか」の啄子と同じく、船場言葉でヒロインをいびり続ける。

また、姑ではないが、「てっぱん」(2010〜2011年)のヒロイン・あかり(瀧本美織)の祖母である初音(富司純子)なども、“いけず”だという設定だった。「あさが来た」(2015〜16年)では新次郎(玉木宏)の母・よの(風吹ジュン)が、あさ(波瑠)との付き合い方について「いけずやろか?」と口にしている。

これら全て、NHK大阪局制作の朝ドラ。“いけず”自体が関西地方の言葉なのもあるだろうが、“いけず”キャラは下半期の朝ドラの定番なのか?

■ 第4週「始末屋のごりょんさん」(10月23日[月]〜28日[土]放送)

てんと藤吉は駆け落ちし、大阪にある藤吉の実家に身を寄せた。藤吉の母・啄子は2人の結婚を認めず、てんのことを女中扱いする。しかも家には、啄子が決めた藤吉の許嫁・楓までいて、2人の前途は多難であった。

慣れない女中仕事に悪戦苦闘するてんのことが心配なしず(鈴木保奈美)は、おトキ(徳永えり)を大阪に送り込む。

やがて啄子は、てんと楓のどちらが結婚相手にふさわしいかを商いの勝負で決めると宣言し、てんは負けられない戦いに挑むのだった。