21日、参考消息網は記事「イノベーション大国になった中国、今度は西側諸国が『一緒に遊んで』という番だ―仏メディア」を掲載した。「世界の工場」と見られてきた中国だが、今や単なる下請けの製造工場ではなく、世界のイノベーションの発信地に変化している。

写真拡大

2017年10月21日、参考消息網は記事「イノベーション大国になった中国、今度は西側諸国が『一緒に遊んで』という番だ―仏メディア」を掲載した。

仏紙ル・モンドは20日、記事「中国もイノベーション大国に」を掲載した。長期に渡り「世界の工場」と見られてきた中国だが、今や単なる下請けの製造工場ではなく、世界のイノベーションの発信地に変化している。

中国の変化について、まだ世界は無知だ。中国に進出すれば技術を盗まれるかもしれない、チャイナリスクがあるなどと尻込みする企業も多いが、150万人の研究開発エンジニアを抱えるイノベーション大国に進出しないほうがリスクであることを認識するべきだとル・モンド紙は説いている。かつては西側諸国が中国に技術を供与していたが、今は逆に西側諸国が中国のイノベーションを活用できるかが問われる時代となった。(翻訳・編集/増田聡太郎)