メルセデスが「ファーストクラスSUV」と呼ぶ旗艦クロスオーバーSUV『GLS』次期型プロトタイプを、ドイツ・ヴェルテンベルク州の市街地でキャッチしました。

次期型では、最新世代の「MHA」プラットフォームを採用し、ボディを大型化しつつ大幅な軽量化が図られるといいます。3列7人乗りの豪華SUVは、BMW『X7』はもちろん、さらに上のクラスであるベントレー『ベンテイガ』に照準を定めているようです。

パワートレインは、9速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる新開発の直列6気筒をメインに、直列4気筒、V型8気筒エンジンや、3リットルのガソリンエンジンと48Vの電気モーターシステムを組み合わせた最高出力400psのマイルドハイブリッドが噂されています。

またハイエンドモデルには最高出力600ps以上を発揮する、4リットルV型8気筒エンジンの「AMG GLS63」がラインナップされると思われます。

自動運転技術では、「Eクラス」及び「Sクラス」のテクノロジーを移植します。車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、車両周り、ガードレールなどを検知しステアリングへ伝える「アクティブステアリングアシスト」などが採用されると予想されます。

ワールドプレミアは2019年が有力です。

(APOLLO)

ライバルはロールスロイス・ベンテイガ!Sクラスのテクノロジーを移植したベンツの旗艦SUV「GLS」(http://clicccar.com/2017/10/23/522762/)