さすがツァイスレンズ!視界がクリアで美しい双眼鏡

写真拡大 (全4枚)

カメラ、とりわけレンズへの造詣が深い方なら「ツァイス」の名を聞いて無反応ではいられないはず。ドイツが生んだ老舗レンズメーカー・カールツァイスより発売され、高い評価を得ている双眼鏡「TERRA ED Pocket」に、待望の上位モデルが登場することになりました。

10月24日より発売される新型ポケット双眼鏡「Victory Pocket」は、ポケットサイズ双眼鏡では初となるFLレンズを採用。色のにじみを最小限に抑え、細部まで鮮明に観察できます。レンズには水滴やホコリの付着を防ぐLotuTec撥水コーティングを採用し、クリーニングへの時間も短縮されます。雨天での使用も可能な防水型ボディは、ショックに強いラバー外装仕上げで本体内部の光学系を保護。封入された窒素ガスが温度変化時の内部の曇りを防ぎます。


ポケットタイプ双眼鏡では最高クラスの広い視野(見掛視界60°)を持ち、眼鏡をかけたままでも視界全体が見渡せるハイアイポント設計。一軸非対称の独特なデザインにより片手でも扱えるため、一方の手で体勢を維持しながら観察を行うといった使い方も可能になります。最短合焦距離は1.9mで、身近な植物や昆虫などの観察もOKです。

バードウォッチングやスポーツ観戦、野外イベントや観光でも大いに役立つ高性能ポケット双眼鏡。1000m視界が130mの倍率8倍モデル「Victory Pocket 8x25」と、同105mの倍率10倍モデル「Victory Pocket 10x25」の2タイプで、本体サイズはどちらも112mm×瞳孔間距離65mmでの幅が100mm、重さは290gです。ハードケース、ストラップ、クリーニングクロスが付属します。価格は8倍モデルが9万7200円、10倍モデルが10万1520円です。

>> ZEISS「Victory Pocket」

 

(文/&GP編集部)