「dカーシェア」アプリ画面イメージ(画像: NTTドコモの発表資料より)

写真拡大

 NTTドコモは19日、個人やカーシェアリング事業者、レンタカー事業者が所有する車から、目的や場所、利用する日にちに応じて好きな車を選んで利用することが出来る個人間カーシェアリング「dカーシェア」を2017年11月8日から提供することを発表した。カーシェアリングとはヨーロッパで生まれた自動車の貸し出しシステム。必要な時と時間だけ車を利用出来る会員制の自動車共有システム。マイカーのように維持費がかからないため、手軽なカーライフが満喫出来るのが大きなポイントだ。

【こちらも】普及するカーシェア、利用者の87%が効率化を実感

 「dカーシェア」ではカーシェアリング事業者が提供する「カーシェア」、個人間カーシェアリングの「マイカーシェア」、トヨタレンタカーやニッポンレンタカーなども国内の主なレンタカー事業者が提供する「レンタカー」3つのサービスが1つのプラットフォームで利用可能に。月額料金は不要。1回の支払いの度に、100円=1ポイントでdポイントがたまる。

 「カーシェア」では、カーシェアリング事業者が展開しているステーションに配置している車を最短で15分からドライバーが必要な時間まで利用が可能だ。店舗での受付などの手続きはいらず、24時間365日最寄りのステーションで車を借りられる。例えば、家族の送迎や買い物など日常的な目的からドライブなどのお出かけまで幅広く車を利用が出来る。基本料金やガソリン代は必要なく、提供開始時から利用出来るのは「オリックスカーシェア」で、15分単位で220円(税込)や6時間パックといったdカーシェア専用料金プランを用意。今後は「カレコ・カーシェアリングクラブ」や「カリテコ」との提携も協議中だ。

 そして「マイカーシェア」は車を持っているオーナーが、車を使用したいドライバーにシェアが出来る個人間カーシェアリング。オーナーは車の情報、受け渡し場所、料金などを登録し、ドライバーは「dカーシェア」のアプリを使ってドライバーに申し込む。予約と一緒に車両補償や対人賠償、対物賠償などに1日単位で申し込める「1日自動車保険」に加入し、オーナーとのやり取りで車の受け渡し場所を決定。お互いの評価を確認して利用出来るので、安心度も高いと言える。オーナー登録の受付は2017年11月8日から、ドライバーの予約受付は2017年12月7日から。

 NTTドコモが新たに始めるこのサービスには期待が高まる。「手軽に車を運転したい!」という人には、うってつけのサービスであることは間違いない。