【警告】浦和=なし G大阪=初瀬(27分)、米倉(77分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ラファエル・シルバ(浦和)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ30節]浦和3-3G大阪/10月22日/埼玉ス
 
【チーム採点・寸評】
浦和 6
終了間際の失点で勝点2を失った印象は否めないが、内容は決して悪くはない。状況に応じて、攻守のバランスを上手く保てていた。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
3失点の責任を押し付けるのは酷だろう。フィードやクロスボールへの対応でまずまず安定している場面もあり、及第点は与えられる。
 
DF
6 遠藤 航 6
タイミングの良いオーバーラップで攻撃に厚みをもたらす。R・シルバの決定機を演出した20分のロングフィードも見事だった。
 
22 阿部勇樹 6
酷い出来だったわけではない。危険を察知し確実にピンチの芽を摘み取るあたりに、円熟味が感じられた。
 
2 マウリシオ 6
スピード勝負では分が悪かったが、1対1の局面では確実にボールを奪い切る。ある程度質の高いプレーを見せていた。
 
5 槙野智章 6
守備に軸足を置いてプレー。ルーズボールに常に目を光らせ、敵より一足先にボールを奪うシーンが多かった。
 
MF
16 青木拓矢 6.5
攻守において幅を利かせていた。R・シルバの先制点を生み出した、思い切りの良いドリブルを仕掛けた判断は◎。
 
MAN OF THE MATCH
8 ラファエル・シルバ 7
パワフルなドリブルで脅威となり、2ゴールを奪う働きぶりからもMOMに相応しい。斜め45度の角度から、右足で鮮やかに決めた64分の得点は素晴らしかった。
 
10 柏木陽介 6.5(90+1分OUT)
まさに阿吽の呼吸で、興梠の今季20ゴール目をアシスト。ドリブルとパスを使い分けながら攻撃にアクセントを加えた。
 
15 長澤和輝 6.5
状況判断の良さが光る。ポジショニング、動き出しの質も良く、決して派手ではなかったが目を引く働きを見せていた。
 
21 ズラタン 6(65分OUT)
自陣深くまでプレスバックし、守備に精を出す場面も。一方、攻撃面ではあまり目立てず、後半の序盤にピッチを去る。
FW
30 興梠慎三 6.5(77分OUT)
捉えどころのない動きで敵DFを混乱に陥れる。73分には、柏木の絶妙なスルーパスを受けて、今季リーグ通算20ゴール目を奪った。

交代出場
FW
13 高木俊幸  6(65分IN)
ゴールには絡めなかったものの、鋭いドリブルで敵の脅威に。右サイドをえぐり、「あわや」という場面も作った。
 
MF
7 梅崎 司  ―(77分IN)
投入後に決定機を迎えたが、GK東口の好守に阻まれる。ボールを持てば積極的にゴールを目指し、まずまずの存在感は見せた。
 
FW
20 李 忠成  ―(90+1分IN)
怪我のリスクを懸念した興梠に代わって出場。時間が限られて、あまりボールに関与できなかった。
 
監督
堀 孝史 6
守備を安定させていれば、その采配も高く評価できた。内容はまずまずも、課題が残ったのも確かだ。
【チーム採点・寸評】
G大阪 6
攻守の質に課題を露呈も、粘り強く追いついた点は評価できる。勝点1しか奪えなかったが、実りのあるゲームでもあった。
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
3失点を喫したものの、78分には梅崎の決定的なシュートをブロック。総合的に判断して及第点とした。
 
DF
35 初瀬 亮 6
セットプレーから2アシスト。結果を残したのは評価できるが、守備は終始不安定で、対面したR・シルバの対応に手を焼き続けた。
 
2 三浦弦太 5.5
ビルドアップの局面で、味方と呼吸が合わない場面が散見。守備では鋭いインターセプトを何度か見せた一方、背後を狙われると危うさを露見していた。
 
15 今野泰幸 5.5
前線へのロングフィードの質にやや難あり。球際の勝負ではやや迫力を欠き、力強いボール奪取から攻撃に移るシーンはほぼ見られなかった。