▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間22日、リーガMX前期第14節でプエブラと対戦し、1-0で勝利した。先発した本田は84分までプレーした。

▽本田はリーグ戦3試合連続での先発出場となった。一進一退の攻防の中、先制したのはパチューカ。34分、右サイドからのFKでゴール前にクロスを入れると、ビクトル・グズマンがヘディングシュートでネットを揺らす。

▽前半終了間際には、ゴール正面のやや遠めの位置から本田が無回転の直接FKで枠内を強襲。しかし、わずかに相手GKに触れられたボールは右ポストに直撃した。

▽後半、プエブラの反撃に遭ったパチューカだが、44歳のGKオスカル・ペレスの好守もあってシャットアウト。パチューカが4試合ぶりの白星を獲得した。