マックナゲット限定ソースとフォルクスワーゲンを交換した女性(画像は『Justin Chiat 2017年10月11日付Facebook「Well...Youre hearing it here first folks ,Someone just traded a szechuan sauce for a car」』のスクリーンショット)

写真拡大

日本の昔話に「わらしべ長者」という1本の藁から物々交換していくうちに豪邸を得たという話があるが、このほどアメリカからマクドナルドのナゲット限定ソースを交換してフォルクスワーゲンを手に入れた女性の話題が届いた。『New York Post』などが伝えている。

米ミシガン州マコームに暮らすレイチェル・マリーさん(23)は、マクドナルドで限定発売されたチキンナゲットの四川ソースをゲットすることができた幸運な女性だった。この四川ソースは1998年に公開されたディズニーアニメ映画『ムーラン』のスポンサーだったマクドナルドがプロモーションの一環で限定販売したものだった。

その四川ソースが今月7日、米マクドナルドの各店舗で20個ずつ販売された。マリーさんはその日の朝早くに車で45分ほどの時間をかけてデトロイトのマクドナルドに到着した。販売開始となる午後2時まで数時間待って、やっと友人ともども四川ソースを手に入れることができたが、驚くことにその頃には店の前に長蛇の列ができていたという。

マリーさんはその四川ソースをFacebookの物品売買コミュニティ「Pin Nation」に出品し、思い切って「車と交換」という条件を出してみたのだ。すると見事に2004年製のフォルクスワーゲン・ゴルフMk4と交換することに成功した。マリーさんは「たまたま『リック・アンド・モーティ』の大ファンという男性がいて、車は2台持っているから是非トレードしたいとフォルクスワーゲンを運転して持ってきたの。だからきちんと動くことは間違いないわ」と興奮気味のようだ。

このソースが話題になり始めたきっかけは、今年4月に放送されたテレビアニメ『リック・アンド・モーティ』シーズン3のプレミアで、リックが「モーティ! 僕はムーラン・ナゲットソースが欲しんだよ」と四川ソースについて発言していたことによるものだった。

四川ソースはピリ辛の照り焼き味といったものだが、約20年前に発売されたソースは人々の心に火をつけ、署名サイトの『Change.org』で四川ソースの再販売を呼びかける事態まで起きた。10月21日時点で44,900人超の署名が集まっているが、5万人に達した後は米マクドナルド社へ嘆願書が送られる予定だ。

ちなみにこの20グラム程度の小さな四川ソース1個が現在、オークションサイト「eBay」では数万円ほどの値で取引されている。米マクドナルドはあまりの反響の大きさに、今年の冬には四川ソースを十分供給できるように準備すると発表した。今回フォルクスワーゲンを手に入れたマリーさんは良いタイミングで取引をしたと言えるだろう。

画像は『Justin Chiat 2017年10月11日付Facebook「Well...Youre hearing it here first folks ,Someone just traded a szechuan sauce for a car」』『McDonald's 2017年10月2日付Twitter「Oh…did-did you guys want this?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)