今季20得点目を記録した浦和レッズFW興梠慎三

写真拡大

[10.22 J1第30節 浦和3-3G大阪 埼玉]

 ボールがネットを揺らす。浦和レッズFW興梠慎三は、チームメイト、そしてサポーターと喜びを分かち合うと、手を掲げてゴールパフォーマンス。右手を「0」、左手を「2」として喜びを表したが、正面から見ると「02」に――。

 後半に入ると激しく試合が動き、ともに2点を奪い合って2-2で迎えた後半28分に興梠が勝ち越しとなるゴールを奪う。自陣でボールを奪ったDFマウリシオからパスを受けたMF柏木陽介がドリブルを開始。興梠は相手選手を引き連れて前線に駆け上がると、DF今野泰幸が柏木に食い付いて生まれたスペースに走り込む。

「一回ファーでもらう振りをして中に入って行く。あれが自分の最大限の武器だと思っているし、良いタイミングで出してくれた」

 柏木から送られた絶妙なスルーパスでPA内へと進入すると、「本当に触るだけのシュート」と右足で合わせてゴールを陥れ、今季20得点目を記録した。ゴール後には右手を「2」、左手を「0」として「20」得点を表現しようとしたものの、左右逆となって「02」に。パフォーマンスには「まったく慣れていないんで…」と苦笑するしかなかった。

 その後、チームが追い付かれて3-3のドローに終わったことで、当然悔しさは残る。しかし、「大きな目標であったし、自分では取れることがないと思っていた」という20得点に到達し、「自分にとっては嬉しく思うし、ここまで来たなっていう気持ちもあります」と充実した表情を浮かべた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第30節2日目 スコア速報