インサイドハーフで輝きを放った稲垣祥。持ち前の運動量はまさに衰え知らずだ。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ30節]広島 0-3 川崎/10月21日/Eスタ 雨が降りしきるエディオンスタジアムに川崎を迎えた一戦。降格圏に沈む広島は首位・鹿島の背中を追い掛ける川崎に果敢に向かっていったが、稚拙なミスを犯して失点を重ねて敗北を喫した。戦術うんぬんを語る以前に見つめ直すべき点が多いショッキングな敗戦となったが、希望を見出したくなる働きを見せた選手もいる。攻守に躍動感のあるプレーを見せた紫の背番号15、稲垣祥だ。 「アオさんとも『腰が引けたサッカーは絶対にしないよ』と話していた。それは今週の頭から言っていたので、ガツガツ行くつもりで腹をくくってやっていた」(稲垣)。 インサイドハーフで起用された稲垣は、ピッチの上で言葉通りの覚悟を示した。ゴール前に飛び込んだかと思えば、すぐさま切り替えてボールを奪いに走り、長い距離のプレスバックも怠らない。両チームでひとりだけ12キロを超える距離を走った男はピッチのどこにでもいる印象を与えるほどで、とりわけ0-0の時間帯は相手を存分に苦しめていた。  ただ、その動きができたのは、ヤン・ヨンソン監督が前節・鹿島戦から4-1-2-3にシステムを変更したからだ、アグレッシブにボールを奪いに行くことを求めたことで、稲垣の長所はより引き出されるようになった。自身でも新システムに好感触を得ており、「手応えはあります。それは間違いない。結果を置いておいて内容を見るのであれば、すごい可能性があるシステムだと思います」と語る表情は自信に満ちていた。  だからこそ、稲垣は結果に一喜一憂しない重要性を説く。 「もちろんプロとして結果が大事だし結果を出さないといけないけど、結果だけを見すぎて変えていくってことをやり過ぎていたら、自分たちのベースとかチームカラーとか、そういったものがむちゃくちゃになってくる。軸をしっかりと置いておいて、その周りの部分を修正することが大事かなと思います。結果に一喜一憂していたらいい方向にはいかない。もちろん結果を出さないといけないんですけど、そう感じます」

 残り4試合となって降格圏に沈んでいる。広島は勝点をひとつでも多く積み上げたい状況にあり、試合内容に希望を見出している場合ではないかもしれない。現実的な戦いへシフトしていくという選択肢も考えて然るべきだろう。しかし、稲垣が語ったブレない強さもまた、残留争いを勝ち抜く上で重要な要素となるのは間違いない。  甲府でプロのキャリアをスタートして常に残留争いに身を置いてきたからこそ、稲垣の「チームの方向性がブレずにひとつに向いていることがとにかく大事」という言葉には説得力がある。覚悟を持ってアグレッシブにピッチを駆ける稲垣は、メンタル的な部分においても残り4試合のキーマンになりそうだ。

取材・文 寺田弘幸