12月29日に今年最後のワンマンライブが決定したあゆみくりかまき

写真拡大

“アイドルパンクDJユニット”あゆみくりかまきの「今後」が、年末のライブで決まる。全国6カ所を回るワンマンツアー「ボクらの熊魂2017〜あゆくまと行く全国ロッカショー!〜supported by uP!!!」のファイナル公演を、10月21日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催。アンコールでは熊仙人がスクリーンに現れ、あゆみくりかまきの「これから」について言及した。

【写真を見る】あゆみくりかまきは過去最大規模のライブを成功させ、さらに上を目指す

2016年7月8日の赤坂BLITZ公演で、熊として活動していたあゆみくりかまきは熊仙人によって人間の姿にされた。「2017年いっぱいまでに、日本武道館でのワンマンコンサートを発表できれば、お前たちがその地に立つ時、再び熊に戻してやろう」という条件を突き付けられ、3人は日本武道館ライブ開催の発表を目指すことに。

そして、この日のアンコール2曲目を終えたところで、熊仙人と約1年3カ月ぶりに再会した。

熊仙人は「人間の姿でいることは、きっと不安もあったことじゃろう。それでもお前たちの絆と、たくさんのまたぎの皆さんとの絆で頑張ってこれたのだろうなぁ。今日もとても良いライブじゃった。しかし、今年中に日本武道館でのワンマンコンサートの開催を発表せねば、お前たちは熊には戻れん。人間界に熊として居続ける時間はもう残されていないのじゃ」と念押し。

そして、「2017年12月29日、SHIBUYA CLUB QUATTRO。お前たちに2017年最後のワンマンコンサートを行う舞台を用意した。その最後に、わしからお前たちへ話をしようではないか。お前たちのこれからについてじゃ。あゆみくりかまきの新たなるスタートになる」と伝えた。

まきは「熊から人間の姿になって、正直不安なことめちゃくちゃあったし、焦りを感じていて、あゆくまの弱い部分も、もしかしたら見せてきたかなって思っています。でも、今日初めてこんなにもたくさんのまたぎが集まっているのを見て『もっともっと上にいきたいな』って素直に思いました。あゆくまのライブに自信を持って、またぎのみんなにも、自信を持って『こんなアイドルおるんやで』って言ってもらえるようなアイドルグループになります。これからもあゆみくりかまきを、皆さんの中のアイドルの一番にしてください。よろしくお願いします」と、これまでの約1年を振り返りつつ、今後への思いを吐露。

3人にとって運命の日となるワンマンライブ開催が決定。「日本武道館でのワンマンライブ開催」、そして「熊のまま東京ドームから世界進出」という夢をかなえるため、3人はさらに走り続ける。