中盤で井手口(8番)とマッチアップした柏木(10番)は、見事なスルーパスで興梠のゴールを演出した。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ30節]浦和3-3G大阪/10月22日/埼玉
 
 後半に計6点が生まれたシーソーゲームは、痛み分けのドローに終わった。
 
 先手を取ったのは浦和だ。まずは50分、青木拓矢が興梠慎三とのワンツーでペナルティエリア内に侵入してシュートを放つ。これはGK東口順昭に防がれたが、こぼれ球を拾ったラファエル・シルバがゴールに流し込んだ。
 
 対するG大阪はその4分後、セットプレーから同点に追いつく。初瀬亮がFKからクロスを上げると、ファーに走り込んだ遠藤保仁が折り返し、ファン・ウィジョが頭で合わせてネットに揺らした。
 
 1-1で迎えた64分には、長澤和輝が左につなぎ、R・シルバがペナルティエリア外からシュートを突き刺して浦和が2点目。

 直後の67分にG大阪の赤粼秀平が同点弾を突き刺すも、73分に柏木陽介のスルーパスに反応した興梠が3点目を決め、三度、浦和がリードを奪う。
 
 しかし、これで試合は終わらない。タイムアップ寸前の90+2分、途中出場したG大阪の呉屋大翔が初瀬のCKに合わせ、渾身の同点弾を見舞った。
 
 結局、勝点1を分け合う形になったが、白熱の撃ち合いにサポーターは満足したことだろう。このドローで浦和は勝点46とし、7位をキープ。G大阪は勝点41とし、神戸を抜いて9位に浮上した。また、今季20ゴール目を挙げた興梠が、J1得点ランクトップに躍り出ている。