栃木、GK竹重安希彦が左ひざ半月板損傷で離脱…全治約3〜4週間

写真拡大

 栃木SCは22日、GK竹重安希彦が左ひざ半月板損傷で全治約3〜4週間と診断されたことを発表した。同選手は10月15日のトレーニング中に負傷し、検査を受けた結果、上記の通り診断されたようだ。

 竹重は1987年生まれの30歳で阪南大学出身。2010年にジュビロ磐田に加入を果たすと、2013年にアルビレックス新潟へ期限付き移籍した。同年9月にジュビロ磐田に復帰したが、2015年に栃木SCへ移籍。今季は4月16日のアスルクラロ沼津戦に出場している。

 栃木は明治安田生命J3リーグ第28節を終えて、16勝7分け3敗の勝ち点「55」で1位。次節は29日、藤枝MYFCをホームに迎える。