なでしこジャパンがスイスを撃破 悪天候の中、中島と田中のゴールで勝利を手繰り寄せる

写真拡大

「MS&ADカップ」前半、前半はスイスにチャンスを作られるも無失点で後半へ

 なでしこジャパンは22日に国際親善試合「MS&ADカップ」でスイスと戦い、後半から投入された中島依美(INAC神戸)、田中美南(日テレ・ベレーザ)のゴールによって2-0で勝利した。

 高倉麻子監督率いる日本は、半年後に控えるアジアカップ兼女子ワールドカップ(W杯)アジア予選に向けてチーム構築を進めている中、欧州の新興勢力であるスイスとの対戦で力試しを図った。最終ラインには鮫島彩(INAC神戸)、熊谷紗希(リヨン)、宇津木瑠美(シアトル・レイン)といった2011年W杯優勝メンバーが並ぶ一方で、前線には昨年のU-17女子W杯優勝メンバーの長谷川唯、籾木結花(ともに日テレ・ベレーザ)、そして横山久美(フランクフルト)ら20代前半の選手を配した。

 会場の長野Uスタジアムは台風21号の影響もあって、激しい雨が降りしきる中でキックオフ。前半5分にはCKから長身のDFユリア・シュティールリに際どいヘディングシュートを放たれるなど、フィジカル差と鋭い出足からのショートカウンターを浴びる場面が散見された。

 それでも日本は徐々に保持率を高め、同18分には櫨(はじ)まどかのミドルシュートなどでスイスゴールを脅かし始める。同35分にはスイスのカウンターからFWエセオサ・アイグボグンにフリーでシュートを打たれる場面もあったが、ゴールレスのまま前半を折り返した。

中島の一撃で先制、田中のダメ押し弾で勝利

 後半開始時点から中島を投入した日本は、同4分に横山が単独突破から複数人のマーカーを揺さぶってドリブルシュートを放ったものの、ボールはゴール上にわずかに外れた。対するスイスはアーリークロスでのハイボールに活路を見出すなど、さらに消耗度の高い試合となった。

 高倉監督は2枚目の交代カードとしてFW田中を投入するなど攻勢を強めると、均衡を破ったのは同24分だった。右サイドの連係から櫨がスルーパスを送ると、反応した中島がカットインしてシュート。一度は相手GKに弾かれたもののこぼれ球をプッシュし、待望のゴールで先手を取った。

 リードを奪った日本は7カ月ぶりの代表復帰となった岩渕真奈(INAC神戸)がピッチに送り込むと後半アディショナルタイムに田中が最終ライン裏に抜け出し、冷静に1対1を制して試合を決定づける2点目を奪って勝負あり。選手のテストと結果の両方を手にし、ヨルダンで行われるW杯予選へ手応えを掴んだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images