学区の重要さ

写真拡大

マンション選びは、そこで長期間暮らしていくことになるため、非常に重要な要素です。人生で一世一代の買い物であるともいえるかもしれません。皆さんがマンションを選ぶ基準はなんでしょうか。駅に近いこと、通勤に便利なこと、あるいは日当たりがよいこと、値段との相談も重要でしょう。しかし、もうひとつ大切な要素として学区があります。

学区の重要さとは

沖有人による『マンションは学区で選びなさい』(小学館新書)では、学区選びの重要さが記されています。現在、東京をはじめ都市部では、公立小学校を入学時に選択できるようになっています。ほとんどの子どもが私立中学を受験しますが、その前段階として小学校の環境は重要なのです。まわりの子どものタイプや、あるいは両親の職業や年収によって学校の空気というのは大きく変わってきます。さらに、人事においては、評判の良い学校には優秀な先生が集まる傾向もあるようです。

学区で決まる

しかし、そうした小学校の自由入学制度は、規制される傾向があります。特定の学校に人が集まって、その他の学校に集まらないといった傾向を防ぐためです。入学できる小学校を学区で限定するところも増えてきていますので、マンションをどこに買うかは、どの小学校に入学できるかとイコールになるのです。将来設計を含めて、学区選びからのマンション選びを検討してみてはいかがでしょうか。