北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、「北侵を狙った米帝と南朝鮮のかいらい好戦狂のヒステリーがいっそうひどくなっている」とする記事を配信した。

記事は、韓国国会の国防委員会で「かいらい海軍の好戦狂は米軍との連合作戦訓練に南朝鮮占領米帝侵略軍第2師団のアパッチヘリを利用する計画を発表した」と指摘した。

また、「米陸軍は共和国側の地下坑道内での交戦と市街戦のための訓練および装備の購入に熱を上げているという」と述べた。

その上で、「かいらい陸軍も有事の際、自分らの損失を最小限に減らし、最短期間内に作戦を終結するための北侵地上作戦遂行概念を施行すると唱えてせん越にのさばっている」と非難した。