イメージ

写真拡大

 ハワイのラグジュアリーホテル「ハレクラニ(Halekulani)」が、三井不動産の「沖縄伊武部ビーチホテルプロジェクト(仮称)」を通じて沖縄に進出する。開業時期は2019年夏を予定。
 「ハレクラニ」はワイキキビーチに構えるラグジュアリーホテルで、名称はハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味する。ジュリエット・キンバルとクリフォード・キンバル夫妻が1917年当時、簡素な邸宅1軒とバンガローからなるホテルを買い取ったことから始まり、今年で開業100周年を迎える。三井不動産は1981年に同ホテルを取得し、セレブリティも利用する世界的なラグジュアリーホテルとして再開発した。
 沖縄に誕生する「ハレクラニ沖縄」は、国内屈指のビーチリゾートである恩納村に立地し、全長約1.7キロメートルにわたる海岸線に面する。延床面積4万1,746平方メートルで、360室全客室からオーシャンビューが楽しめる。ハレクラニの象徴であるオーキッドを配したプールや、温泉を利用した新しいウェルネスプログラムが体験できるスパ、日本発の4つのユニークなダイニングレストラン、バーなどを併設するほか、海でのアクティビティーや神秘の森ヤンバルへのエクスカーションなど、数多くのアトラクションを用意する。
 三井不動産はホテル・リゾート事業を成長分野の一つと位置付けており、自社ブランド「三井ガーデンホテルズ」の国内展開に加え、都心部の複合開発においては「マンダリンオリエンタル東京」「ザ・リッツ・カールトン東京」などラグジュアリーホテルの開発と誘致にも取り組んでいる。2016年3月には「ネム リゾート(NEMU RESORT)」内にアマン初の温泉付きリゾートホテル「アマネム(AMANEMU)」を開業した。沖縄は2020年に那覇空港の拡張が予定されるなど外国人富裕層の増加が見込まれており、ハレクラニ沖縄では世界トップクラスのラグジュアリーリゾートホテルを目指すという。