映画「ミックス。」の初日舞台挨拶に新垣結衣、瑛太らが登壇

写真拡大

映画「ミックス。」の初日舞台挨拶が10月21日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、新垣結衣、瑛太、広末涼子、永野芽郁、佐野勇斗、田中美佐子、遠藤憲一、石川淳一監督が出席した。

【写真を見る】"大好き”な新垣結衣からのファーストバイトに瑛太が感激

本作は、脚本家・古沢良太の最新作となるロマンティックコメディー映画。かつて“天才卓球少女”として将来を期待されていた多満子(新垣)や、落ちぶれた元ボクサーの萩原(瑛太)ら、不器用な登場人物たちが卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを通して再生していく姿を描く。

ヒロインを演じた新垣は「やっとだなという感じがします。今日から皆さんに見ていただいて、本当の意味で映画が完成する。ドキドキしていますが、楽しみです」と初日を迎えた想いを吐露。瑛太も「やっとここまでたどり着きました。あとはこの映画が歩んで行くだけ。これだけお客さんが入っているということに、幸せを感じます」と会場を見渡し、喜びをかみしめた。

笑えると同時に、感動シーンも満載の本作。特に感動したポイントを聞かれると、新垣は「細かくウルッとするシーンがいっぱいあって。みんなが、大会に向けて一生懸命頑張っているところにグッときました」とメンバーの奮闘シーンをセレクト。「やっぱり一生懸命な姿って、すごくステキだなと思いました」と明かしていた。

瑛太は「僕です」と自身のシーンが感動ポイントだと語り、会場も大爆笑。注目してほしいのは「ガッキーのことを好きな気持ち」とストレートに告白し、大きな拍手を浴びていた。

また「一番、演じたキャラクターと性格が似ているなと思う人は?」と聞かれると、新垣は「広末さん」と回答。「撮影の合間も、(田中)美佐子さんと(広末)涼子さんがムードメーカーとしてみんなを盛り上げてくださった」そうで、「(広末演じる)弥生さんは多満子を守ってくれて、常に寄り添ってくれる人。新垣結衣も広末さんに守られていたような気がした。すごく気にかけていただいた」と広末に感謝しきりだった。

最後には、初日を祝して直径30cmものピンポン球型ケーキと、ラケット型クッキーが登場。新垣から瑛太にファーストバイトが行われ、瑛太が「アーン」と大きな口を開けてケーキをパクリ!口の周りにクリームをつけて「おいしいです」と語っていた。