Lu Nagata氏

写真拡大

「ポールダンス」と聞いたら、どのようなイメージを持つだろうか。洋画などのワンシーンにあるナイトクラブなどのセクシーなショウを思い浮かべる人が多いかもしれない。

 日本でポールダンスが広まったのは、わずかここ10年ほどのことで、その先駆けとなったのは、東京・赤坂にある「ポールダンス東京」だ。ポールダンス東京を主宰するLu Nagata(るう ながた)氏は、名門イギリス王立演劇大学院(RADA)卒業、日本人アクターとして唯一の修士号を持つ。Nagata氏がポールダンスに出会ってから今日まで、彼女が日本のエンターテインメントに与えた影響は非常に大きい。唯一無二の存在感を放つNagata氏に話を聞いた。

●日本でまさにレアだっだポールダンス

 Nagata氏は、米・ニューヨーク(NY)、中国・香港、英・ブリストルおよびロンドンで、ダンスや演劇、舞台などのエンターテインメントを学んだ。そんななか、NYでのポールダンスとの出会いが彼女の人生を変えた。

「いろいろなジャンルのダンスを学んでいましたが、ある日、フィットネススタジオで見たポールダンスに衝撃を受けました。ポールダンスをフィットネスに取り入れることで、多くの人が楽しんでいたのです。『日本にこんなのはない!』と驚き、絶対に日本へ持って帰りたいと思いました」(Nagata氏)

 そしてNagata氏は2003年にポールダンスを独学で始め、07年に東京・赤坂にポールダンス東京をオープンした。オープン当初は、スタジオでポールダンスレッスンを行う一方、夜はクラブやラウンジでのポールダンスショウをこなした。当時はもの珍しさもあり、ショウには多くの人が訪れ、評判は口コミで広がっていった。ポールダンサーが希少だったこともあり、ショウの依頼が後を絶たなかったという。

「1年365日、昼も夜も働いていました。ダンスが好きだったので苦労とは思いませんでしたが、本当に忙しかったです」

 Nagata氏は、当時を振り返り、こう語る。その活躍はショウだけにとどまらず、プロモーションビデオ(PV)、映画、テレビCMのダンス監修などの依頼も、瞬く間に増えていった。ナイキのCM、映画『軽蔑』(角川映画)のダンスシーン、氣志團をはじめとした多くのアーティストのPVなど、手がけた作品は数え切れない。

●セクシーな自分を楽しみたい女性たち

 ポールダンス東京のオープンから現在まで、レッスンを受けた生徒数は延べ8000人を超えた。生徒の年齢層は、下は10代から上は60代までと幅広い。ポールダンスはセクシーに見えるが、実際に踊るには強い体幹と筋肉が必要だ。生徒の多くは初心者だが、レッスンが進むに連れてポールダンスの魅力にはまり、足しげく通うようになる。

 ポールダンスにはまる女性は、ダンスを通してセクシーな自分に気づき、女性であることを実感できるのが楽しくなるようだ。それと同時に筋肉が鍛えられ、心身共に強い自分が好きになり、自信が持てるようになる。実際に生徒の声を聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「ダンス経験もなく体験だけと思ってレッスンを受けたが、ステップだけでもポールダンスらしく見えることに感動し、自分にできるポールダンスを楽しめるので、はまりました」(会社員)
「非日常的なダンスでストレスの発散になる」(看護師)

 一体、どういった女性たちがレッスンを受けているのか気になるところだが、意外にも生徒の多くは医師、薬剤師、看護師、公務員、翻訳家、実業家など、キャリアウーマンが多いという。いわゆる「オン・オフ」の使い分けができる女性たちが集まっているのかもしれない。

●Nagata氏の器の大きさ

 Nagata氏との出会いにより、プロの道へと進んだ生徒もいる。エンターテインメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユに所属する佐藤麻衣氏は、Nagata氏に才能を見いだされてポールダンスの世界で大きく開花した。2009、2010年に世界大会でチャンピオンとなり、その後、日本人で初めてシルク・ドゥ・ソレイユにエアリアルパフォ-マーとして採用された。Nagata氏は佐藤氏のほかにも、多くのダンサーやアーティストを世に送り出している。

 また、Nagata氏は障がい者へのダンス指導にも積極的だ。世界大会で初となった障がい者のチャンピオンを育てた実績もある。ポールダンスの派手なイメージとは真逆に、Nagata氏はポールダンスを通し、多くの人に希望や自信を与えている。まさに日本が誇るべきアーティストであると感じた。

 ポールダンス東京では年に2回、生徒の発表会を開催しているが、それはプロのダンスショウさながらのエンターテインメントだ。読者諸氏も一度、足を運んでみてはいかがだろうか。告知はポールダンス東京ホームページ(http://www.poledancetokyo.com/)で随時行われる。
(文=道明寺美清/ライター)