【警告】C大阪=木本(25分)、水沼(75分)甲府=エデル・リマ(51分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】マテイ・ヨニッチ(C大阪)

写真拡大 (全7枚)

[J1リーグ30節]C大阪2-0甲府/10月21日(土)/金鳥スタ

【チーム採点・寸評】
C大阪 6
鳥栖戦勝利の流れをしっかり継続。先手をすぐに取ったことで試合展開を優位に進め、途中、相手にボールを回されても焦れずに対応した。最後までハードワークを怠らず、16試合ぶりの無失点勝利を飾った。

【C大阪|採点・寸評】 
GK
21 キム・ジンヒョン 6.5
雨天のなかで、大きく弾くというセオリーを忠実に実行。ビッグセーブもあり、久々の完封勝利に導く。
 
DF
2 松田 陸 5.5(83分OUT)
後半になってピッチに足を奪われるなど、ミス散見も、相手の強力FWにも臆せず身体を張った。

14 丸橋祐介 6
攻撃で目立つところはそこまでなかったが、球際の勝負でも引かず、クリアやカバーもセーフティに対応。

15 木本恭生 6(90+1分OUT)
ギリギリのところでのスライディングカットで警告こそ受けたが、終盤の負傷交代まで粘り強くディフェンス。

MAN OF THE MATCH
22 マテイ・ヨニッチ 6.5
前半は少し審判との相性がよくなかったが、相手攻撃陣を見事にシャットアウト。貴重なPKも獲得した。
 
MF
6 ソウザ 6
ピッチコンディションも見ながら高いシュート意識を持ち、守備でも果敢にボールを奪いに行った。

10 山口 蛍 6.5
安定感は相変わらず。悪コンディションでも平然と持ち味を発揮。攻守のバランスを的確にとっていた。

16 水沼宏太 5.5
前節のようにはいかなかったが、クロスの精度は高い。ただ、球際のほんのわずかの隙をつかれていた。

46 清武弘嗣 6(90+3分OUT)
コンディションの向上もあり、キープ、パスと、本来の力を発揮。守備面でも仕事を怠ることはなかった。
FW
8 柿谷曜一朗 5.5
本来のポジションでいきいきとプレー。プレスバックでもチームに貢献。ただ、好機を決められず悔しさ残る。

9 杉本健勇 6.5
前半早々に決めきった先制点がチームを楽にした。後半のPKも冷静。守備面での働きも見逃せない。
 
交代出場
DF
5 田中裕介 -(83分IN)
ヨニッチがサイドに引っ張り出された時にはCBのポジションに入るなど、カバーの意識は強かった。

DF
23 山下達也 -(90+1分IN)
終了間際、負傷の木本に替わって出場。落ち着いた対応で相手の攻撃をブロックしていた。

MF
26 秋山大地 -(90分+3分)
終了間際に清武に替わって守備固めとして出場。少ない時間のなかでも精力的にボールに向かっていった。

監督
ユン・ジョンファン 6.5
これまでの反省を活かし、チームに不用意なボールロストをさせないことを徹底。プラン通りの戦いで2連勝導く。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
前後半早々のセットプレーでの失点が、結果的に敗北の要因に。流れのなかでは組織、守備、ブラジル人2トップを活かした速攻など、狙いは出せていた。ただ、今節は決定機をモノにできず。悔しい敗北。

【甲府|採点・寸評】 
GK
1 河田晃兵 5.5
柿谷の決定機を防ぐなど、やるべき仕事はこなしていたが、杉本の2ゴールは防ぎきれなかった。
 
DF
8 新井涼平 5.5
3バックの中央でプレー。ラインを巧みにコントロールしていたが、セットプレーとPKに泣く。

5 新里 亮 5.5
柿谷らの動き出しに翻弄されるところもあったが、泥臭く戦い、流れのなかでは相手に決めさせず。

6 エデル・リマ 5
CKからの好機は決めたかったところ。逆に勝負を決定づけるPK献上のファウルはもったいなかった。
 
MF
22 小出悠太 5(55分OUT)
丸橋や清武といった対面の相手の隙を突こうと窺うも、効果的なボール奪取からの好機作りには至らず。

40 小椋祥平 5.5
主に右サイドの中盤を担い、執拗なプレスで相手ボールを奪いにいくも、そこからのアイデアは少なかった。

2 島川俊郎 5.5(83分OUT)
アンカーとしてボールを頻繁に引き出しつつ、守備のバランスをとるも、相手の急所には迫れず。

27 阿部翔平 5.5(77分OUT)
左のインサイドハーフとして、まずまずのパフォーマンスを見せたが、後半途中からはミスも目立った。

35 高野 遼 5
鋭い左クロスでチャンスを演出も得点に結び付かず。それでも愚直にアップダウンを続けていた。
FW
10 ドゥドゥ 5.5
迫力ある突進で敵DFを振り切り、強烈なシュートも浴びせるが、守備網を攻め崩せなかった。

39 リンス 5.5
ドゥドゥとともに前線からチームを牽引。フィジカルの強さも活かして相手を翻弄するも、ゴールは決めきれず。

交代出場
MF
16 松橋 優 5.5(55分IN)
小出に代わって右サイドを担当するも、相手を抜ききってゴールに迫るようなところまではいけなかった。
 
FW
14 田中佑昌 -(77分IN)
阿部に代わってインサイドハーフに入るも、自慢のスピードを発揮するシーンがあまりなかった。

MF
20 黒木聖仁 -(83分IN)
最終盤に前線に投入される。ただ、なかなかボールに絡めず、シュートを打つこともできなかった。

監督
吉田達磨 5.5

阿部の起用など、限られた陣容でも工夫のあとは見えた。ただ、課題のセットプレー対応で、今回も悔しい失点。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文 前田敏勝(フリーライター)