高所恐怖症の人は要注意!デンマークに建設予定の高さ約600メートルの木製の塔がスリル満点

写真拡大

タワーや塔など、高いところに登って景色を眺めるのは気分のいいものです。

そこから見える風景が雄大な自然だと、より清々しい気持ちになれそうですよね♩







・高さ約600メートルの木製のタワー

デンマーク・コペンハーゲンから南に約1時間の場所に広がるGisselfeld Klosters Skoveの森。

小川や湖など豊かな自然があり、保護林に指定されている場所です。

その中に建築中の「Camp Adventure Treetop Experience」は、高さ2000フィート(609.6メートル)という高さを誇っている木製の建築物です。





この建物の特徴は、スパイラル状の構造になっているということ。

下の方は細く、上に行くほど大きく広がっているため、頂上を目指す人は地面の高さから木製の通路を通って風景の変化を楽しみながら少しずつ高い景色を眺めることになります。





通路を進む人は、森の古い部分から新しい部分に近づいていくことにもなります。













・自然を傷つけない建物を

この建物を設計したのはデンマークの建築事務所、EFFEKT。

人が歩いて昇れる構造にすることで、自然の景観にフィットするだけでなく、木の根が踏み荒らされることもなくなり、森にダメージを与えるのを防げると言います。





このタワーは2018年にオープン予定のキャンプ施設、「Camp Adventure」の一部として一般公開されるとのこと。

ちょっと登ってみたい気もするけれど、高いところが苦手な人はやめておいたほうがよさそうですね。

Instagram(effektarchitects)

https://www.instagram.com/effektarchitects/