カツ丼は大正時代に登場した(写真:アフロ)

写真拡大

 健康と糖質は切っても切れない関係にある、そんな空気まで感じられる今日この頃、健康への意識は高く保っていたいと思っても沼地にいるかのような感覚を抱いている人も少なくないのではないか。この空気のルーツはどこにあるのか、食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 もはや「糖質制限」はブームやトレンドという言葉でくくりきれなくなってきている。富士経済によれば「糖質オフ・ゼロ」食品の市場規模は2012年の2468億円から2016年には3431億円(見込み)と4割の急成長を遂げている。今回の衆議院議員選挙の報道を見ていても、「糖質を取らないように焼酎やウイスキーを呑んでいる」「糖質制限の食事を心がけている」というようなコメントを出す候補者が与野党問わず、目についた。つまり「糖質制限=健康的」というイメージが(少なくとも候補者側には)定着しつつあると考えられる。

 実は糖質制限≒肥満防止≒健康という考え方は、欧米では200年前から概念としては存在する。美食家で知られるサヴァランは1825年に出版された著書『味の生理学(The Physiology of Taste)』(邦題は『美味礼賛』)のなかで糖質と肥満の関係に触れているし、その後も糖質と肥満を関連づける説は数え切れないほど挙げられてきた。よく「日本人は農耕民族だから米を中心とした糖質が主食。欧米人は狩猟民族だから肉を多く摂取する」というが、欧米人だって小麦から作られたパンやジャガイモを摂取してはいる。

 ただし江戸時代に登場したファストフードが日本人の食習慣を大きく変えたという側面は否めない。江戸時代、一杯盛り切りの飲食物を出す店を「慳貪屋(けんどんや)」と言い、そこで使われる鉢が「慳貪振り鉢(けんどんぶりばち)」と呼ばれるようになった。有力な「丼(どんぶり)」紀元節のひとつだが、この「丼」が日本人の食生活に大きく影響を及ぼした。

 文化文政時代──化政文化華やかなりし頃に登場した、鰻丼や天丼などの丼ものである。少しのおかずで、米をたくさんかっこむことができ、満足感もある一大発明だった。その後明治時代に牛丼、大正時代にカツ丼が登場し、「メシ多く、おかず少なめ、味は濃い」丼文化は広く定着し、日本人にとって「米」はさらに重要視されることになっていく。当時の食事情はいまよりも貧しく、しかも肉体を使う仕事が多かった。摂取エネルギー量だけでも増やさなければならない時代の趨勢に合っていたのだ。

 ところが戦後、欧米型の食が食様式ごと輸入され、たんぱく質や脂質の摂取も増えた。高度成長期には、摂取エネルギー量も急上昇。生活習慣病への警鐘が鳴らされるようになった。医師や管理栄養士から「丼、カレー、ラーメンといった一杯、一皿で完結するような食事は栄養のバランスが悪い」という声が挙がるようになってきた。

「食」はいつも「栄養」と「嗜好」の間をたゆたっている。この夏は各メーカーから「押し麦を使ったオムライス」や「糖質量を半減させたパスタ」、「糖質を9割カットしたうなぎのタレ」などが発売された。牛丼チェーンも、糖質の摂取がゆるやかになる「サラシア牛丼」を吉野家が発売。松屋も定食のライスを豆腐に変更できるサービスを開始した。現在のトレンドは、消費者の嗜好に沿った上で過剰だとされる栄養を制限する手法のものが多い。

 さらに最近では、そのトレンドはより先鋭化してきている。8月末に回転寿司チェーンの「くら寿司」が導入した「糖質オフシリーズ」の「シャリ野菜」メニューはにぎり寿司のシャリの代わりに大根の酢漬けの千切りを使用したもの。素材の構成を考えると、海鮮サラダにほかならない。

 糖質の吸収をゆるやかにする成分を添加したり、素材を置き換えるなどして、さまざまなメニューに糖質制限が取り入れられるようになった。飲食チェーンやメーカーも開発に余念がない。次なる糖質制限アイテムはどんなものが生み出されるのか、今後も生温かく見守っていきたい。