すでに日程調整は完了?(写真・時事通信フォト)

写真拡大

 総選挙が終わると、永田町の次なる関心事は11月5〜7日のトランプ米大統領の初来日へと移る。大手紙政治部記者が語る。

「来日2日目の6日には日米首脳会談が予定されているが、安倍首相が楽しみにしているのは『ゴルフ会談』です。2月に安倍首相が訪米した際は、トランプ氏が所有するゴルフ場2か所をハシゴして計27ホールをラウンド。元世界1位のアーニー・エルスと一緒に回って親交を深めた。そのお返しに、首脳会談前日にゴルフをセットする意向です」

 米国大統領を“接待”するとなると、準備は容易ではない。会場として名前が挙がる霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉・川越)は、「一部メディアから問い合わせがありますが、まだ正式な連絡もなく、詳しいことはわからない」(フロント担当者)とするのみ。政財界の大物会員が多く、東京五輪会場でもある名門コースとはいえ、直前に入る“大型予約”に対応するのは簡単ではないだろう。

 さらに注目されるのが一緒に回るメンバーだ。「大統領は“マツヤマとラウンドしたい”と伝えてきている」(官邸筋)といい、世界ランク3位の松山英樹がご指名を受けているというのだ。たしかにエルスと釣り合うのは日本では松山くらいだが、米ツアーにフル参戦中なのに実現可能なのか。

「実は松山は、すでに両首脳とのラウンドを織り込んだような日程を組んでいる。10月26日から中国での『HSBCチャンピオンズ』に参戦した後、11月16日から宮崎で開催される『ダンロップ・フェニックス』への出場を発表。ちょうど10月末に日本に帰ってくるスケジュールになる。宮崎での試合は松山が契約するダンロップの主催とはいえ、昨年は欠場している。今年は国内男子プロ最高峰を決める日本オープン(10月12〜15日)さえ欠場したのに、わざわざ今年に限って参戦するというので驚きました」(ゴルフジャーナリスト)

“調整”は万端ということか。北朝鮮情勢など日米両国が取り組むべき懸案が多いなか、ゴルフ以外でも“成果”があると願いたい。

※週刊ポスト2017年11月3日号