マルセル・デュシャンのひげが描き加えられたモナリザ「L.H.O.O.Q」1930年版。フランス・パリで(2005年6月2日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランス・パリ(Paris)で21日、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)が巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の代表作「モナリザ(Mona Lisa)」の複製に鉛筆で口ひげや顎ひげを描き加えた作品の一つが、競売大手サザビーズ(Sotheby's)の競売に出品され、63万2500ユーロ(約8460万円)で落札された。

「L.H.O.O.Q」と名付けられているデュシャンのひげのモナリザは、米国のアーサー・ブラント(Arthur Brandt)氏所蔵のシュールレアリズム作品コレクションの競売に出品された。

「L.H.O.O.Q」フランス語で「elle a chaud au cul」と発音され、「性的に興奮した女性」といった意味になる。落札予想価格は40万〜60万ユーロ(5350万〜8020万円)とされていた。

「L.H.O.O.Q」は1919年に「既製品」と呼ばれる作品が最初に発表された。今回落札されたのは1964年版。
【翻訳編集】AFPBB News