37歳ビーナスが、2009年以来の「WTAファイナルズ」へ

写真拡大

ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は、2009年末の決勝戦以来初めて「WTAファイナルズ」の舞台へ戻り、計5回目の出場となる。
1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、2位ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、3位カロリーナ・プリスコバ(チェコ)、4位エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、6位カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、7位エレナ・オスタペンコ(ラトビア)そして、9位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)のメンバーに加わることとなる。

「彼女らは皆、とても特別だ」とビーナスは語った。「トップ8の選手だけが、ここに来ています。これは間違いなく、自分の力で成し遂げたものです。」

37歳のビーナスは、「WTAファイナルズ」に選ばれた選手の中で、1983年のビリー・ジーン・キング(アメリカ)(当時39歳)と1994年のマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)(当時38歳)に続き、歴代3番目に年長の選手。
ビーナスは今大会においては最年長の選手であり、2番目は27歳のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)となっている。
彼女は1995年以来プレーを続けており、「勝負とはとても偉大で、実際には美しい変化です」と語っている。

ビーナスは、2008年に「WTAファイナルズ」のタイトルを獲得し、総当たり戦で3勝0敗、そして決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)を破り、優勝した。

彼女はまた、初出場の1999年と2000年の「WTAファイナルズ」においては、準決勝へと進出。

そして、今シーズンは二度グランドスラムの決勝に進んでおり、一度目の「全豪オープン」では、既に妊娠中だった妹のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に敗北。二度目の「ウィンブルドン」ではムグルッサに屈した。

ガルシアを除くすべての選手は、今週の結果に応じて年末ランキング1位になる可能性があり、ウィリアムズは11週間の期間で1位にランクされている。
総当たり戦では、ビーナスは白組に属している。同組には、ハードヒッターであり、今シーズン1位にランクインした経験を持つムグルッサとプリスコバ、そして「全仏オープン」優勝者のオスタペンコが入っている。

ビーナスは日曜日にプリスコバとの試合を行う。 2人はそれぞれ直接対決において、一勝を分け合っているが、ビーナスはムグルッサに対しては3勝2敗の戦績で、オスタペンコに対しては1勝0敗で勝ち越している。

ビーナスと対戦するプリスコバは、「私は自分のグループには攻撃的な選手が集まっていると思う。もう一方のグループにはもっと守備的な選手が多い」「私はただ、他の選手たちよりも良いプレーがしたい。」「明日はビーナスとの試合からスタートしますが、一度は私がマッチポイントから彼女を倒し、一度は厳しい接戦で試合を落としました。今回の試合結果も予想が付きません。」と語った。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は「WTAファイナルズ」に出場するビーナス
(AP Photo/Julio Cortez, File)