新入り犬が来るまで

犬を増やす前にチェックしておきたい点

もう1匹愛犬を増やしたいと思ったら、まずこの4点は必ずチェックしておきたいところです。

犬を2匹飼育できる環境が整っているかトリミングや予防注射、ホテルに預けた際の料金など全てが倍になる事に問題は無いか家族全員が納得しているか先住犬が他の犬と同居させたことで強くストレスに感じる性格では無いか

1匹も2匹も同じことと思ったら大間違いで、1匹から2匹に増えると可愛さも倍増しますが出費も倍増します。また、新入り犬にパピーを考えているのであればパピー用の小さなケージなど必要な物を揃えなくてはなりません。
我が家も新入り犬を購入したのは生後2か月になるかならないかくらいの頃でしたので、それまでの先住犬用のケージの他に小さめのケージを用意しました。この時は家の中のスペースがかなり取られたという印象があり、ある程度広さのある飼育スペースを確保できなければ、人間の生活に支障が出ると感じました。

また、我が家の二匹はどちらも定期的にトリミングが必要な犬種で、二匹だから少し割引きしてくれると思ったら大間違いでした。単純にトリミング費用が毎月倍掛かるようになり、年に一度の予防接種やフィラリアの薬なども倍掛かるようになります。

家族の誰かが2匹飼う事に反対している場合は、もう少し話し合いを重ねる必要があるでしょう。ビミョーな空気の中で飼育される新入り犬も可哀想ですし、2匹の世話をするとなると家族の助けが必要不可欠となります。

最後にこれが一番重要な事で、先住犬の性格をよく考えてみましょう。とてもやきもち焼きである場合や、他の犬や人間に対してかなり警戒心が強い性格である場合、新入り犬がいきなり自分の縄張りに入って生活を始めるのが強いストレスと感じてしまう場合があります。
犬の性格には個体差があるので、毎日一緒に生活してきた飼主さんでなければ分からない事です。いま一度、先住犬と向き合って新入り犬を飼っても大丈夫なのか考えてみてください。

新入り犬とのご対面

我が家の新入り犬は、実は先住犬の弟です。母犬が同じで父犬が違う異父兄弟で、どうせ2匹目を飼うならば実の弟犬が良いと家族全員の意見が一致し、産まれてくるのを待っていました。

先住犬とは1歳半離れており、産まれたと知らせを受けた際にブリーダーの元へ行くのに先住犬を連れて行きました。いきなり家へ知らない犬が現れるよりも、犬とは言え段階を踏みながら少しずつ分からせていきたいと考えたからです。数回の面会に先住犬も連れて行き、最初は不思議そうにあまりに小さい弟犬を見て匂いを嗅いでいました。

※ブリーダーによっては犬と一緒に来ることをお断りしているところも多いと思いますので、連れて行く際には必ず事前に確認が必要です。

新入り犬がいよいよ我が家へ!先住犬の反応は?

自然な流れを意識して新入り犬を迎え入れる

新入り犬がいよいよやって来る日を、まるで赤ちゃんがやって来るような緊張感と期待感に包まれながら、家族みんなで心待ちにしていました。

新入り犬のためのケージやフードを始め赤ちゃん犬が生活できる環境を整えると、その変化を先住犬はしっかり感じ取っているようでした。不安を感じているかもしれませんが、そこは無視していつもと変わらぬ接し方をするよう心掛けました。機嫌を取るような行動をする必要は無く、新入り犬が来る日までいつもと変わらぬ日常を過ごします。

そしていよいよ先住犬も連れてブリーダーのところへ行き、新入り犬を引き取りに行きました。我が家の場合は新入り犬がまだあまりに幼かった事と、母犬から初めて離されてしまった事もあり最初のうちはケージの中に入れてそっとしてきました。夜泣きもひどく、母犬を求めて数日鳴く事もありましたが徐々に慣れて鳴かなくなりました。

先住犬はケージの外からじっと新入り犬を見ていたり、鼻を近づけたりして興味津々。新入り犬も徐々に近づいてくる先住犬を怖がることも無く、匂いをかがせてあげています。私は新入り犬を抱っこしてあげた後は、先住犬にもたっぷり愛情を注いでやることを忘れませんでした。

犬同士の関係は犬同士で築かせる

ある程度新入り犬が慣れてくると、今度は新入り犬の方からどんどん先住犬に近寄っていくようになりました。パピー独特の噛み付きも最初の頃は先住犬に容赦なく行われていましたが、我が家の先住犬は噛み付かれても新入り犬の顔を舐めてやめさせていました。先住犬には噛んではいけないというしつけはしっかり行っていたので、新入り犬に噛みつくことは一度もありませんでした。

もちろん先住犬にはリーダーシップを取ってもらわなければと思っていたので、2匹の様子を気にしながらもあまり手出しはせずに、あまりにもしつこく噛んで来る新入り犬に嫌気がさして私のところに先住犬が逃げてきたときだけは抱っこして助けてあげました。

人間への噛み癖は人間がしつけをしなければいけませんが、犬同士の噛み付きは犬同士で解決させる方が良いと考えました。案の定、その方法で新入り犬は先住犬のことを噛む事は無くなりました。

また、私は必ず先住犬が一番目で新入り犬が二番目という順番を守り、フードをあげる順番やお散歩のリードを外す順番まで拘りました。これを徹底させることで、更に犬同士の上下関係が確立されたものになったと思っています。

唯一失敗したこと

我が家の先住犬と新入り犬は、このように徐々に良い関係を築くことができ、まるで兄弟であることが分かっているかのように仲良しです。たまに喧嘩もしますが、あくまでも先住犬は新入り犬を怯えさせるような行動は一切せず、新入り犬の興奮が収まるのを待っています。

そんな仲良しの2匹のしつけが全て上手くいったかのように見えますが、唯一失敗したことがあります。

それは、先住犬が新入り犬を守ろうとするようになり警戒心が強くなって吠え癖が付いてしまった事。そして、先住犬が吠えまくり他の人間や犬から常に守られてしまった新入り犬は、家族以外にまったく懐かなくなったことです。

この原因は2匹一緒の散歩にあり、別々に散歩に連れて行けばここまでひどくはならなかったのではと考えています。先住犬にとって新入り犬に近づいてくる家族以外の者は敵であり、新入り犬にとって家族以外の者は怖いものになってしまいました。犬の性格にもよるのでしょうが、多頭飼いをする場合にはこのような事も起こり得ると覚えておいてください。

まとめ

新入り犬を迎える場合、1匹も2匹も同じという考え方ならばもう一度よく検討してください。費用の面や先住犬の性格などを考え、家族全員が迎え入れる事に前向きであることも確認しましょう。先住犬の次が新入り犬であるという順位付けは、犬の世界では大切な事です。飼育の上でも、順番を付けて行う方が良いでしょう。2匹になると大変な事もありますが、幸せも倍増したように感じます。検討されている方には、是非この記事を参考にしていただけたらと思います。