アメリカなんかでよく見かけるハロウィンメイクをやってみた

写真拡大

季節は秋。街を歩いているとどこもハロウィン一色。最近ではハロウィンのコスプレも一般的になってきて、10月31日の渋谷あたりは、思い思いの仮装をした人々で大変楽しい光景になっているようだ。「教えて!goo」でも、「今年のハロウィンで挑戦してみたい仮装・コスプレは何ですか?」という質問に様々な楽しい回答が寄せられている。

■今年のハロウィンはヴァンパイア!
今年はそんなハロウィンコスプレに混ざってみたいが、どうせなら、うんと目立つのがいいな、と思いを巡らせていた時にたまたま動画サイトで見たアメリカのハロウィンパーティ。全身を緑に塗った超人ハルクからSFXメイクのグロいゾンビ、もはや元ネタが何かもよくわからないムダに派手なメイクのナニカ…。そうだ! これなら目立つこと間違いない。今年は、アメリカのハロウィン動画でよく見る、こってり系ド派手メイクのヴァンパイアになる!

■100円ショップなどで道具を揃えよう
まずは、メイク道具を揃える必要がある。普段からメイクをする方は今ある道具を使おう。なければ、100円ショップや300円ショップ、コンビニコスメで十分。目の周りにつけるファンデはお好みの色でもいいが、アメリカ風こってりメイクなら、紫系一択。その他、動画を参考に自分の好みと合わせながら選んでみて。

■口に入れてもOKな血のりを作ろう
今回、工夫したのが血のり。口に入ってしまってもOKなおいしい血のりを用意した。作り方はケーキシロップ、食紅(赤)とチョコレートを混ぜるだけ。甘くておいしいので、ワイングラスに入れて舐めるのも吸血鬼っぽくていいかも。準備が整ったらメイクを。まず顔全体に白くなるようにファンデを塗り、次に目の周り、仕上げは唇の順番にメイクする。

詳しくは動画をチェック!



ニコニコ動画で見る→bit.ly/2zexMrs

■さらにグッズを揃えてパワーアップ!
メイクだけでもハロウィンコスプレは楽しめるが、さらにグッズを揃えることでパワーアップできる。例えば、カラーコンタクトやつけ牙、ヴァンパイア風のマントなど、小物や衣装を揃えてみよう。ひとつひとつがしょぼくても、数が多ければ意外に本格的に見えるものだ。ハロウィンイベントにみんなで参加して楽しいひとときを過ごしてみてはいかがだろう。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)