劇的勝利の横浜FM、ゴール後に映った「おもしろゲーフラ」が話題に

写真拡大

全国的に雨の中での開催となったJ1第30節。

横浜F・マリノス対鹿島アントラーズの名門対決は、3-2でホームの横浜FMが勝利した。

試合は鹿島のミスもあり横浜FMが2点を先制するも、その後同点に。しかし74分、マルティノスとの交代で入った遠藤渓太が逆転となるゴールをあげ、劇的なゲームを締めくくった。

そんな遠藤の逆転ゴール後、カメラに映ったあるサポーターが話題だ。その時の映像を見てみよう。

遠藤の得点後、ゴール裏で大きなゲームフラッグを掲げているファンにご注目。

私も遠藤です…?

どうやらこのゴール直後、遠藤と同じ姓の横浜FMファンがすぐにこのゲーフラを掲げ、それがテレビカメラに映ったようだ。劇的な逆転ゴール直後ということで、なかなかシュールな画(え)であった。

ちなみにこのサポーター、以前からこの横断幕を持ってスタジアム観戦している。

白地に青文字だけというシンプルさもいい感じだ。

当初この得点はオウンゴールとされていたのだが、後に遠藤のゴールに修正されている。

殊勲の遠藤は試合後、「ゴールを決めてからサポーターのところに走ったら誰も付いてきてくれなかった(笑)。でも、自分も日産スタジアムでゴールを決めたいと思っていた」と話している。