ガンコな水垢は振動で落とせ!電動クリーナーでお風呂をピカピカに

写真拡大 (全5枚)

えっ、もう? という声も聞こえてきそうですが、そろそろ年末の足音が聞こえてきました。年末といえば大掃除ですが、これがちょっと億劫なんですよね。でも、日々の掃除を習慣にしておけば、大掃除の手間もぐっとラクになります。そこで活躍するのが、新タイプの電動クリーナー「スピーディスクラバー」。1分間に1700回という振動によって、風呂や水回りの掃除をスピーディー&ラクに行えます。

電動ドリルで有名な世界最大の電動工具製品メーカー、ブラック・アンド・デッカーがリリースする、アメリカ生まれの「スピーディスクラバー」。電動工具のサンダー(研磨機)をヒントに設計された独自のマウス型で、片手で持ちやすく簡単に水回りの掃除ができます。手持ちだけでなく、付属の0.7〜1mまで伸びる延長ポールを組み合わせることで、床や壁、天井など手の届きにくい場所にも使えます。

スイッチを入れると、1分間に1700回という高速でパワフルな振動をスタート。スピーディーに掃除できるうえ、通常のブラシなどでは落ちにくい水垢汚れなども落として、隅々まできれいにしてくれます。

さらに、水回りに適した「ナイロンたわし」、がんこな汚れなどに適した「ハードパッド」、デリケートな素材に適した「マイクロファイバー」の3種類のパッドが付属。風呂や水回りだけでなく、幅広い用途に使えます。

リチウムイオン充電池を採用した充電式でワイヤレスなので、邪魔なケーブルなどもなし。フル充電で約45分の連続作業ができます。素早く簡単に掃除ができるなら、毎日の掃除も苦にならなそうですね。

「スピーディスクラバー」は10月下旬に発売予定で、参考価格は8640円前後。「ナイロンたわしセット」、「ハードパッドセット」、「マイクロファイバーパッド」セットは年内の発売予定です。

>> ブラック・アンド・デッカー

 

(文/&GP編集部)