12星座によって、その人の性格に特徴があらわれますよね。傷つくことも、元気になる方法も星座によってさまざまです。大切な人が落ち込んでいたとき、欲しい言葉をかけてあげたいですよね。前回のに引き続き今回は、おとめ座さんのフォローの仕方をご紹介します。

おとめ座さんってこんな人

おとめ座さんは優しくて気づかい上手な人です。いくつになっても、少年少女のような透明感を感じられるでしょう。どちらかというと控えめな存在ですが、仕事ぶりは正確で丁寧。サポート役として、力を発揮するでしょう。
一見、穏やかで優しいおとめ座さんですが、クールで現実主義な一面も秘めています。人間関係が円滑になるよう気づかいを忘れないのは、揉めたときに面倒くさいから。という理由がいちばん大きいし、整理整頓が得意なのは、散らかっていると生活に支障が出るから。というだけだったりします。おとめ座さんには、いつもどこか「仕事感覚」という意識があるのです。本当はすごく毒舌なところもあるけれど、表に出すことはありません。それだけ自制心が強いともいえるでしょう。
また、我慢強い性格で、限界まで頑張ってしまうところがあります。ツライという感覚がどんどん麻痺していき、気づいたときには体を壊していたということもあります。頼りにされると期待に応えたくなりますが、働きすぎには気をつけましょう。

おとめ座さんがツライとき

気づかいや協調性を大切にするおとめ座さんは、無神経で自己中心的な人が現れると強い怒りを感じます。そして、どうしたらいいのかと、深く思い悩んでしまいます。
また、自分のやり方が通用しなかったときも、傷つき、落ち込んでしまうでしょう。そんなとき、おとめ座さんは問題を徹底的に分析しようとします。頭は常にフル回転。つい無理をしてしまうでしょう。しかし、知らないうちに蓄積されたストレスは、いずれ体にあらわれます。おとめ座さんは、心の不調が体にあらわれやすいのです。

フォローの仕方

おとめ座さんを励ますときは、落ち着いた雰囲気のいいカフェでじっくり話を聞いてあげましょう。茶化したりせず、真面目な態度で接することが大切です。また、深く考えすぎるところがあるので、おとめ座さんが間違った思い込みをしていたら、そっと正してあげましょう。甘えベタなおとめ座さんですが、年上の人にはつい甘えたくなります。甘えられる環境をつくってあげましょう。また、おとめ座さんは好き嫌いがハッキリしているので、合わないと思った相手とは、無理して付き合うより距離をとったほうがいいのです。

おとめ座さんは、自分が必要とされていることが原動力となります。そのため、必要以上に頑張りすぎてしまったり、本当は甘えたいのに甘えられなくなってしまうことが多々あります。誰かのために頑張ることも大切ですが、たまには自分の幸せを追求してみましょう。