「雲海(うんかい)」をごらんになったことがありますか? 山の上などから見下ろす雲が、海原のように一面に広がる幻想的な美しさ…。多くは早朝に見られ、発生には条件がありますが、雲海は日本各地で見ることができます。じつは晩秋は、雲海鑑賞のベストシーズン! 一度は見てみたいですよね!! とはいえ、「標高の高い山に登って朝を待つなんて絶対無理」という方も多くいらっしゃることでしょう。そこで今回は、登山経験がなくても気軽に見に行ける関東周辺の雲海スポットをご紹介します。紅葉狩りを兼ねて、早起き(または夜明かし)してみては?


星空の村からゴンドラで☆/ヘブンスそのはら(長野県下伊那郡)

■富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
「日本一の星空」で知られる、南信州の阿智村。こちらの施設では、大人気の星空ナイトツアー期間が終わると、なんとその翌日から『雲海ハーバー』が開催されます。星空だけでなく、高い確率で雲海に会えるスポットでもあったのですね! 期間中(2017年10月22日〜11月23日) は早朝からゴンドラも運行。周辺の温泉などで前泊すれば、さらにゆったりできそうです。標高1600mの展望台からは南アルプスの大パノラマが広がり、紅葉の絶景も存分に楽しめます。
●所在地:長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
●問い合わせ:0265-44-2311
●アクセス:車で中央自動車道「園原」ICより約2km 他
※名古屋または東京方面より中央高速バスでのアクセス可能
※ 『雲海ハーバー』営業期間:2017年10月22日(日)〜11月23日(木)
※詳細は公式サイトをご参照ください
長野県のお出かけスポット天気


こんな近くに雲海があるなんて!!/秩父ミューズパーク(埼玉県秩父郡)

■秩父ミューズパーク
豊かな自然環境のなか家族皆で一日楽しめる公園です。こちらの展望台と「旅立ちの丘」は、知る人ぞ知る秩父盆地の雲海鑑賞スポットなのです。展望台では雲海をかなり近い所で見ることができ、迫力満点! 「旅立ちの丘」は駐車場から近く、アクセスしやすいです。もっとも発生率の高いのは11月。雨上がりなどで湿度の高い晴れた日、日の出から朝7時くらいまでが狙い目のようです。展望台からは美の山、秩父市街地、武甲山、浦山ダムまで展望でき、市街地の夜景もとてもロマンチックなんですよ。
●所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518
●問い合わせ:0494-25-1315
●アクセス:秩父鉄道「秩父」駅よりバス 他
※詳細は公式サイトをご参照ください
埼玉県のお出かけスポット天気


川霧に包まれるなつかしい風景/鎌倉山(栃木県芳賀郡)

■鎌倉山
川岸からおよそ100mの断崖からの眺めは、那珂川県立自然公園でもトップクラス! 「とちぎの景勝100選」にも選ばれています。雲海の見頃は、例年11月中旬〜下旬。これは、山から下りてくる冷たい空気が暖かい川面に触れて発生した、川霧によるもの。冷え込んで風の無い晴れた早朝によく発生するそうです。朝日に染まる雲海に、島のように浮かんでいる山々の姿! 本当に神秘的です。車で山頂まで行くことができ、遊歩道も整備されているので安心ですね。晩秋の里山風景に心癒されることでしょう。
●所在地:栃木県芳賀郡茂木町
●問い合わせ:0285-63-5644(茂木町観光協会)
●アクセス:真岡鐵道「茂木」駅より車で約20分 他
※詳細は公式サイトをご参照ください
栃木県のお出かけスポット天気


名画のような富士と芦ノ湖/大観山(神奈川県足柄下郡)

■箱根大観山
自動車専用道路「箱根ターンパイク」の終着点にある山です。山頂は、富士山や芦ノ湖を見ることができるスポットとして有名です。その名の通り、天気が良ければ箱根の山々や相模湾、初島・大島、三浦半島・房総半島なども「大観」できます。一説には、富士山を好んで描いた日本画家の巨匠・横山大観に因んだ呼び名ともいわれているそうです。朝焼けの富士山と湖上に現れた雲海は、まさに絵になる絶景! とくに冬は、空気が澄んでいるので美しい富士が見られると評判です。
●所在地:神奈川県足柄下郡箱根町
●問い合わせ:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
●アクセス:JR線「湯河原」駅よりバス 他
※詳細は公式サイトをご参照ください
神奈川県のお出かけスポット天気