「『スター・ウォーズ』最新作の公開に向けて楽しみたい「5つの噂話」」の写真・リンク付きの記事はこちら

2017年12月15日に世界公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』[日本語版記事]。公開を待ちわびる人々は、12月がこのまま永久に来ないような気がしているのではないだろうか。そう、誰もが多少なりともそんな気持ちを抱いている。

われわれは何時間もかけてインターネットをうろつき、スター・ウォーズの世界から出てくるあらゆるニュースや噂、憶測をかき集めては記事にしてきた。われわれのことは、人を喜ばせるのが大好きな「ボサン」の集団だと思ってほしい。

1)これは『最後のジェダイ』の冒頭シーンなのか?

情報源:刊行前の『最後のジェダイ』関連本

正確さの見込み:プレヴューが本物だと仮定して、信頼性はかなり高い。

実際のところ:『最後のジェダイ』関連本をうっかり読むと、映画を実際に観るときに新鮮なプロットという楽しみが奪われてしまいかねない。ファンサイト「Making Star Wars」で共有されたところによると、近著『IncrediBuilds: Journey to Star Wars: The Last Jedi: A-wing Deluxe Book and Model Set』は、今回の新作が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のクライマックスシーンに続く、レジスタンス基地への攻撃を中心とした作品であると明かしている。

「Xウィングのスターファイターであるポー・ダメロンの戦隊が、銀河帝国の残党からなるファースト・オーダー軍の本拠地・スターキラー基地を破壊したあと、ファースト・オーダー軍は惑星ディカーにあるレジタンスの基地を探し出し、報復攻撃に出た」と、そこには書かれている。

「レジスタンスの艦隊は基地を飛び立ち、Aウィング戦闘機が護衛につく。突然、ファースト・オーダー軍の戦艦3隻がハイパースペースから現れ攻撃を仕掛けてきた。タリー・リントラ率いるAウィング戦隊は、ポー・ダメロンやレジスタンス軍爆撃機の援護を受けながら、敵戦艦を攻撃する」。やれやれ、最初の予告映像[日本語版記事]に映る宇宙戦争とAウィング爆発の理由が想像できるじゃないか?

2)タンディは悪者なのか?

情報源:ハン・ソロ主役のスピンオフ映画を監督するロン・ハワード

正確さの見込み:すべての推測がそうであるように、割り引いて受け取ること。

実際のところ:ロン・ハワード監督が再び仕事を始めた。若き日のハン・ソロを描いたタイトル未定のスピンオフ映画のもうひとつの予告編を、ソーシャルメディアで公開したのだ。しかもこの予告編は、最初に思っていたよりも話が込み入っているようだ。表面的にはハワードは、タンディ・ニュートンをキャストに加えて作品を撮影し直していると、Twitterで共有しただけだった。

@thandienewton returned 2 #TheGalaxy to light up some key new #UntitledHanSolo scenes then back to #Westworld. What a powerhouse talent! pic.twitter.com/3Toldp3UtK

- Ron Howard (@RealRonHoward) 2017年9月30日

だが、「/Film」が気づいた通り、ハワードが明かしたのはこれだけではなかった。タンディの肩に置かれた監督の手の位置から考えると、帝国の記章を隠しているように見える。どうやらタンディは、銀河帝国側の役を演じるようだ(そして映画全編で銀河帝国が舞台となるらしい)。

ファンたちはすでに、彼女の役柄がスター・ウォーズの正史小説『Aftermath』のメインキャラクターのひとり、レイ・スローンではないかと考え始めているが、マーベルが最近出したコミック版スター・ウォーズに登場するハン・ソロの「妻」、セイン・スタロスである可能性も捨てきれない。タイトルも含め、本作に絡むすべてのことがそうであるように、まだ当分は本当のことは覆い隠されたままのようだ。

3)『フォースの覚醒』におけるハン・ソロの運命は、ディズニーのCEOが握っていた

情報源:ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)、その他

正確さの見込み:ディズニーを経営している人間が、自分が話していることをわかっていないとしたら、偽の噂なんかより大きな問題だ。

実際のところ:『フォースの覚醒』におけるハン・ソロの死は、どれほど深刻に受け取られていたのだろう? ルーカスフィルムの親会社であるディズニーのCEOは、この件について真剣な相談を受けていたようだ。ディズニーのロバート・アイガーCEOは、先頃公の場で、最終判断はルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ会長と『フォースの覚醒』の脚本共同執筆者でもあったJ.J.エイプラムス監督に任せたと述べたが、「わたしも関与しました」と認めた。「大激論をしました」とアイガーは言う。違う展開になっていたらどうなっていたか、想像してみてほしい。

4)『最後のジェダイ』は、シリーズ歴代最長

情報源:人づてに聞いた話からの憶測

正確さの見込み:正直なところ、どちらにでもなりうる。

実際のところ:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の上映時間はどのくらいだろうか? 「ScreenRant」は、複数の前売り券販売サイトで、150分という驚くほど長い上映時間が示されていることに気づいた。これは『フォースの覚醒』より15分長く、本当なら歴代のスター・ウォーズ作品の中で最長となる(『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』がこれまでの最長だったが、ここは深読みしないでおこう)。

ただし、ルーカスフィルムはまだ長さを確定していないので、代理人が発表した上映時間を使っている可能性はある。さもなければ、ハン・ソロが出てこない2時間半のスター・ウォーズを観る覚悟をしておこう。こう言われると、少し興ざめするのではないだろうか?(一方で、「スター・ウォーズをたっぷり2時間半も堪能できる」と考えれば、かなり胸躍るコンセプトだ)

5)ルークはずっと、丸見え状態で身を隠していた?

情報源:あり余るほど時間があり、『フォースの覚醒』のブルーレイディスクをもっている誰か

正確さの見込み:これをイースターエッグととらえるか、これから起こることのヒントととらえるかによる

実際のところ:『フォースの覚醒』と言えば、そのなかに、いままで誰も気づいていない、ある種の「イースターエッグ」があったのかもしれない。ルーク・スカイウォーカーが隠れているとされるアク=トゥーとジェダイ・テンプルの位置を示す星図には、英語に翻訳できるアイコンがあった。

それを翻訳すると。ジェダイ・テンプルを取り囲むほかの惑星が、シリーズのファンにとって馴染みのあるホス、サラピン、ナブー、ダゴバという地名であることを表している。ルークはこれまでずっと、みんなの身近にいたのだろうか? これは半分ジョークだったのか? あるいは、あとで発見されるように意図的に隠された何かなのか?

12月15日に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開されれば、こうした疑問への答えが何らかのかたちで得られることを期待しよう。それがたとえ、アク=トゥーが実際にどれだけ近いかという会話の1行だとしても。

RELATED

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に波乱の予感──新予告編に今後の「暗い」展開が見えた?