小林悠【写真:Getty Images】

写真拡大

元日本代表FWが終了間際にダメ押し弾…パントキック→肩トラップ→豪快ボレー

 サッカーJ1第30節は21日、川崎が広島戦(エディオン)に3-0で快勝。優勝争いで貴重な勝ち点3を決定づけたのは、GKからのロングフィードから、肩トラップ→豪快ボレーの2タッチで生まれたダメ押し弾だった。その間、わずか7秒で生まれたゴールをJリーグ公式Youtubeチャンネルが公開し、反響を呼んでいる。

 あっという間の展開から、わずか2タッチでゴールを奪ったのは元日本代表FW小林悠だった。

 2-0で迎えた後半40分。相手の攻撃からボールをGK新井章太が抑えた。すると、新井は前線へパントキックを高々と蹴り上げた。降りしきる雨を切り裂くボールに、相手最終ラインで反応したのが小林だった。敵陣中央で落ちてきたボールを相手DFが落下地点を見誤った。すると、一気にギアを上げ、裏に飛び出した。

 一度、高くバウンドしたボールをほぼ左肩で巧みにトラップ。魅惑のテクニックはこれで終わらない。そのままペナルティエリアに侵入すると、追いついた相手DFを巧みに押さえながら、右足を一閃。ニアサイドをぶち抜き、ゴールネットを揺らしたのだ。敵地のファンを絶望に追い込むダメ押し弾。小林にとっては3戦連発に喜びを爆発させていた。

 GKのパントから、トラップ、シュートとわずか2タッチで生まれた鮮烈弾。Jリーグ公式Youtubeチャンネルも好ゴールを紹介したが、映像を見ればGKが蹴ってから小林のゴールが決まるまで、たった7秒で決まっている。あまりに急展開な一発に反響を呼んでいた。

 今季18得点目で逆転得点王にまた一歩近づき、優勝争いで勝ち点3を獲得。首位・鹿島と2差に迫った。逆転Vへ、背番号11はその勢いを止めない。