北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、「誰が何と言っても国家核戦力強化の道から一寸も退かない」とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「共和国の核戦力の自衛的性格と使命は誰かがわい曲したり、否定するからといって変わるものではない」とし、「過去も現在も敵対勢力の侵略的挑戦を正義の核抑止力で断固と粉砕しながら朝鮮半島と北東アジア、世界の平和と安全をしっかり守り抜こうとする共和国の原則的な立場にはいささかの動揺もない」と主張した。

また、「われわれは、米国の対朝鮮敵視策動と一方的な核威嚇・恐喝を根源的に除去するために核保有の道を選択した」と核開発を正当化した。

さらに、同国の核兵器は「朝鮮半島と北東アジア地域の平和と安全をしっかり守り、朝鮮人民の自主権と生存権、発展権を頼もしく保証する威力ある抑止力であり、人類に残酷な災難を浴びせかけようとする暴悪の核の雲を押し出し、人民が青空の下で自主的な幸せな生を享受できるようにする正義の霊剣である」と強調した。

その上で、「われわれは誰が何と言っても国家核戦力強化の道から一寸も退かず、正義の核霊剣をしっかりとらえてすでに選択した道に沿って最後の勝利に向けていっそう力強く疾風のごとく突き進むであろう」と述べた。