5カ国が参加し、「3」枠を争ったパラアイスホッケー平昌パラリンピック最終予選(10月9日〜14日、スウェーデン)で日本代表は2位に入り、2010年バンクーバー大会以来、2大会ぶりのパラリンピック出場を決めた。


チームのエースとして、今大会活躍した熊谷昌治(左)

 最大のヤマ場だった初戦のドイツ戦では開始早々、先制点を挙げたことで勢いに乗った。攻守の要・三澤英司(北海道ベアーズ)が負傷によりチームを離脱する予想外の事態に見舞われたが、全員で守り切り、この試合を6-2で勝利すると、続くスウェーデン戦も3-2で接戦を制した。2勝して勝ち点が「6」となり、他の試合の結果を受けてこの時点で出場権獲得が決まったが、選手は残りの試合も勝つことにこだわった。そして見事、第3戦のスロバキアにも4-2で勝利。最終戦のチェコには0-1と完封負けを喫し、本番に向けて課題は残ったものの、日本の組織力を生かした緻密なプレーによる復活劇は、平昌で待つライバルチームへの強力なメッセージになったはずだ。

 銀メダルを獲得した2010年バンクーバー大会以降は、茨(いばら)の道が待っていた。選手の引退や故障などで総合力が低下し、歯車が狂い出す。世界選手権で2度のBプール降格、前回ソチ大会の最終予選ではまさかの敗退。結果が思うように出せない苦しい期間が、実に7年も続いた。それでも、「やればできるチームだから」(キャプテン・須藤悟/北海道ベアーズ)と我慢強く強化を重ね、また安中幹雄、上原大祐(ともに東京アイスバーンズ)、中村稔幸(長野サンダーバーズ)ら一旦は代表を離れたメダリストたちも覚悟と使命感を持って復帰したことで、少しずつ前に歩み出したのだった。

 中北浩仁監督は、「パラに出たい、連れていきたいという気持ちが、我々を勝たせてくれた」と語る。監督の元には、カナダやアメリカなど強豪チームから「おめでとう。でも、どうやってここまで上げたんだ?」とメッセージが届いたそうだ。たしかに、4年前に敗退したソチ大会の最終予選時のメンバーと、現在の顔ぶれは実はあまり変わっていない。では、なぜ勝てたのか? その質問に、中北監督はこう答えた。

「(仕事のため海外在住の)私が日本を離れる間、アシスタントコーチのみなさんが、選手たちの底上げをどんどんしてくれた。それでチーム力が上がり、ここに来てひとつにまとまり始めた。それがこの最終予選で力として発揮できた、ということだと思います」

 事実、若手期待の児玉直(東京アイスバーンズ)は今大会、第2セットのフォワードに起用され、ドイツ戦とスロバキア戦で得点をマークして期待に応えた。また、2013年に競技を始めて以来、第一線で活躍する堀江航(長野サンダーバーズ)も、今大会は急きょ、第1セットのDFからFWにコンバートされたが、柔軟に対応し、2ゴール5アシストと気を吐いた。

 現在、高橋泰彦、町井清の両氏がアシスタントコーチを務め、加えて今年5月からは、元アイスホッケー男子日本代表GKで、かつて女子日本代表監督を務めた信田憲司氏がコーチとしてチームをサポートしている。経験豊富な信田コーチの新たな指導がスパイスとなり、日本が重視してきた守りのシステムの幅が広がった。

 司令塔の高橋和廣(東京アイスバーンズ)が、「中北監督と信田コーチ、異なるふたつの意見がある。戸惑う選手もいましたが、”いいとこ取り”をしてフォーメーションに生かしていくのが僕らの役目。それが起因となったかわかりませんが、選手間でよく話をするようになりました」と語るように、結束力も強まったようだ。

 今大会のメンバー17名のうち、約半数の8名の選手がパラリンピックを経験していない。ドイツ戦で先制点を決め、大会を通してチーム最多の4ゴールを挙げた42歳の熊谷昌治(長野サンダーバーズ)も、そのひとり。彼のこの4年間の努力と成長は、チームに大きな影響を与えた。

 35歳の時、バンクーバー大会後に競技を始め、競技歴は7年になるが、「自分が代表になってから、公式大会や遠征でも連勝した記憶がほとんどない」と振り返る。2012年世界選手権に初出場したが、ベンチスタート。出場できたのは結果が出た後の試合で、アイスタイム(出場時間)もごくわずか。その悔しさを発奮材料に、スケーティングとシュート力を徹底的に磨き、翌年のソチ大会最終予選では、チームの中心選手として活躍するまでに成長した。だが、夢にまで見たパラリンピック出場は叶えることができなかった。リンクの上で流した悔し涙。熊谷は「自分の力不足」と戒(いまし)め、帰国後はすぐにトレーニングを始めた。

「それでも、次の世界選手権でも1勝もできずに再びBプールに陥落。結果が出せず、本当に苦しかった。でも、絶対にあきらめなかったし、この4年間、ホッケーに対して絶対に手を抜かなかった」と熊谷。静かに燃やす闘志の裏にあるのは、日の丸をつける責任感だ。所属する長野チームの練習でも代表の強化合宿でも、朝の時間を使って誰よりも多くシュート練習に取り組んだ。キャリアの短い自分の成長が、日本代表の成長につながると信じていた。

「先輩に対しても、言いたいことを言わせてもらいました。『お前、上から目線だな』と返されたりもしたけれど、仲良しクラブでは、パラリンピックなんかとても行けない。戻ってきた選手にも負けなくなかったし、後輩たちにも、俺はここまで上げたぜ、という姿を見せてきたつもりです」

“エース”と呼ばれるようになった自覚が、熊谷をひと回りもふた回りも大きくさせた。

 スウェーデン戦のあと、吉川守(長野サンダーバーズ)が「選手、スタッフそれぞれ、家族や応援してくれている人たちの思いを受けてここに来ている」と話していたように、熊谷もまた周囲の人々のサポートに対して、感謝の気持ちを口にする。「自営業なんですが、仕事関連の人たちが、いつも応援してくれる。これまでいい報告ができていないのに、今回も『頑張ってきて!』と言って送り出してくれた」と熊谷。

 また、家族の存在も力になっている。「高校1年の長男が、野球部の仲間たちにLINEで『今回、自分の父さんが出るから応援してください』って、言っていたみたいで。普通だったら、足がない(右下腿切断)お父さんを見せたくないだろうと思うんだけど、自慢に思ってくれているというか。それがうれしくて、こっそりベッドでひと泣きしました(笑)。ずっと、3人の子どもたちにとって格好いいお父さんでありたいという気持ちがあったので、今回、胸を張って帰りたいですね」

 長いトンネルを抜け、ようやくメダル争いのスタートラインに立った日本代表。パラリンピックまで、あと5カ月。世界のトップが集まるパラリンピックの舞台は、最終予選とはスピードも得点力もまるで違う。とくに、2強のカナダとアメリカはもはや別次元の強さだ。「いったいどうやったら勝てるのか……と思うけれど、平均年齢が高い(41.5歳)とか言っていられない。やるしかない」と須藤。日本はミスを減らし、プレーの精度を高めること、また今大会は出場機会が少なかった第3セットを早急にボトムアップしていくことが、まずは重要になる。

 11月には2度の強化合宿を予定しており、来年1月には長野で国際大会を開催する見込みだ。本番まで時間は少ないが、大きな壁を自分たちの力で乗り越えた今の日本チームなら、さらなる高みに到達することも可能とみる。”真の強さ”をまとい、平昌に乗り込むことができるか。パラアイスホッケー日本代表の新たな戦いが、ここから始まる。

■パラスポーツ 記事一覧>>