iPhone Xのバッテリー容量やRAMが判明か?中国の認証機関より

いよいよ11月3日に発売されるAppleの次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」。中国の工業情報化部(英語名:Ministry of Industry and Information Technology、中国語名:工业和信息化部)にてiPhone Xの型番「A1865」が2017年8月31日付け、型番「A1903」が2017年10月19日付けで認証されています。

認証番号はA1865が「02-8573-173093」、A1903が「02-8573-173650」。公開されている情報からともにバッテリー容量が2716mAh、CPUの最大周波数が2.4GHz、内蔵メモリー(RAM)が3GBであることが示されています。

サイズや質量はAppleが公開している仕様と若干異なりますが、これまでにも中国MIITで公開されている既存のiPhoneシリーズについても「iPhone 8」(型番:A1907)が1821mAhと、実際に分解して判明した容量と合致していることから恐らくiPhone Xについても正しいと見られます。

機種iPhone XiPhone 8iPhone 8 Plus
画面5.85型
1125×2436ドット
有機EL(458ppi)
4.7型
750×1334ドット
液晶(326ppi)
5.5型
1080×1920ドット
液晶(401ppi)
大きさ143.6×70.9×7.7mm138.4×67.3×7.3mm138.1×67.0×6.9mm
重さ174g148g202g
SoCA11 BionicA11 BionicA11 Bionic
CPU最大2.4GH最大2.4GHz最大2.4GHz
RAM3GB2GB3GB
電池容量2716mAh1821mAh2691mAh
連続通話時間最大21時間最大14時間最大21時間
インターネット利用最大12時間最大12時間最大13時間
ビデオ再生最大13時間最大13時間最大14時間
オーディオ再生最大60時間最大40時間最大60時間
ワイヤレス充電
高速充電(30分で最大50%充電)

iPhone Xは約5.8インチ1125×2436ドットの縦長ディスプレイを搭載し、有機ELなので省電力ではあるものの、画面が大きく解像度も高いことからバッテリー消費は大きいと見られ、iPhone 8よりもかなり大きな電池を搭載しているようです。

またiPhone 8 Plusと比較しても若干大きくなっており、しかしながら、電池持ちとしてはiPhone 8 Plusのほうが少し有利となっているため、特に画面を表示しているインターネット利用やビデオ再生においてはiPhone 8 Plusよりも時間が短く、iPhone 8相当となっています。

逆に画面を点けずに済む通話やオーディオ再生ではiPhone 8 Plus相当に持つようなので、画面を見る状態での利用が多い場合にはiPhone 8に近い電池持ちと考えたほうが良さそうです。

またCPUについては3機種ともにA11 Bionicかつ最大周波数が2.4GHzと同じとなっており、RAMについてはiPhone XはiPhone 8 Plusと同じ3GBになる模様です。

Androidではハイエンドモデルなら4GBが当たり前、さらに6GB搭載機種も出てきているだけに少しスペックとしては物足りない感じもしますが、Androidよりもマルチタスク機能が弱いですし、恐らく最適化されたiOSによって快適に動作するものと思われます。

今週末の10月27日(金)16時1分からはNTTドコモやau、SoftBank、Appleにて事前予約受付が開始される予定ですし、今年はiPhone X待ちという人もようやく手にするまでもう少しといったところで胸が高まってくる感じでしょうか。まずは予約合戦を勝ち抜きたいですね(;´Д`)


ドコモオンラインショップでiPhoneを予約・購入



au Online ShopでiPhoneを予約・購入



ソフトバンクオンラインショップでiPhoneを予約・購入


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・【苹果 A1865手机】报价_参数_图片_苹果 A1865手机报价_手机信息网
・【苹果 A1903手机】报价_参数_图片_苹果 A1903手机报价_手机信息网
・iPhone X - Apple(日本)