LINEスタンプも好きだけど、エフェクトはもっと好き?

写真拡大

「若者はもうLINEスタンプは使わない」と10月3日放送の『踊る!さんま御殿!!』でみちょぱことモデルの池田美優(18)が発言し、話題となっている。みちょぱはLINEスタンプは面倒くさく、「了解だったら『り』、マジだったら『マ』」と一文字で返していると語っていた。若者たちのLINEとLINEスタンプ利用の実態について、ITジャーナリストの高橋暁子氏が解説する。

 * * *
 大人世代にまで広く普及したLINE。既にメールや電話の代わりにインフラとして利用されていることはご存知のとおり。しかし、10代の中ではLINEの利用が変化しつつあるのだ。

◆トレンドではなくなった?

 プリキャンティーンズラボの「10代女子のスマホアプリに関する調査2017」(2017年9月)によると、中学生以下と高校生以上で「流行っているアプリ」が異なることが分かった。中学生以下ではLINEが圧倒的トップであり、SNOW、Twitter、MixChannelの順だった。一方、高校生以上ではInstagramがトップであり、続いてTwitter、SNOW、LINEの順だったのだ。

 小中学生などでは、いまだに「LINEがやりたいからスマホがほしい」という希望は根強い。ところが、高校生以上になるとLINEのやり取りは当たり前となり、トレンドではなくなっている。それどころか、「LINEの需要は減った」という声も出てくる。話を聞くと、Twitter上やTwitterのDMでやり取りしたり、「面倒だからLINE電話する」という子も。LINEのやり取り自体を面倒と感じ、やり取りが減少しつつあるので、スタンプの利用も減っているのでは、ということらしい。

 LINEのやり取りは、通知センター上や通知上で見ることができる。それ故、あえてアプリを開く必要がなくなるという。

「グループが多すぎ。特にクラスLINEとか通知だらけの上、大したこと書いてないから未読になりがち」。ある高校生は、未読は読まずに削除することもあるという。「グループLINEだと誰が読んだとかわからないし、読まなくても困らない。他の子も未読のままって言ってた」。

◆LINEスタンプの代わりにエフェクトに夢中?

 元々10代の子たちは、アプリやサービスもすぐに飽きて新しいものに飛びつく傾向にある。特に、保護者や教員など親世代が利用し始めると親世代にやり取りを見られたくないと感じ、「ダサい」と感じて他のサービスに移ってきた。海外ではFacebookがまさにこれに当たる。

 メールや電話の代わりになり、リアルタイムにやり取りできる点がウケてLINEの利用は広がった。ところが、今や無料通話ができるサービスは拡大しており、FacebookやSNOWなどでも可能だ。また、元々メッセージのやりとりができるサービスとしてTwitterが10代に広く普及している。若者たちにとっては、スタンプ送信がセットのようになっているLINEより、基本テキストのみで送れるTwitterの方が気楽という面もあるのかもしれない。

 また、SNOWやLINE、B612などのエフェクトを使うと、自撮り写真を盛って楽しめる。美肌やハイライト効果、自動的にネコ耳を生やしたり王冠をかぶせるなどのエフェクトで盛った写真は、LINEやInstagram、Twitterなどで投稿することもできる。また、エフェクト付きでInstagramストーリーズなどを動画で撮って投稿することも流行している。最近は、スタンプよりもこのようなエフェクトを使った写真や動画のコミュニケーションに夢中になっているようだ。

 複数のSNSで友人とつながっている高校生以上の子どもたちにとって、LINEスタンプは必ずしもコミュニケーション上必須のものではなくなりつつあるのかも。