(写真提供=KLPGA)

写真拡大

日本のスポーツ界で今、もっとも有名な韓国スポーツは何か。かつてはサッカーがもっとも有名で、WBCが盛り上がったときには韓国野球にスポットライトが集まった時期もあった。日本の国民的アイドルである浅田真央のライバルだったキム・ヨナも有名人だが、近年は韓国女子プロゴルファーたちが有名である。

今季初来日したアン・シネは“セクシークイーン”という呼び名で春から夏にかけてセンセーションを起こしているし、賞金ランキングではすでに今季3勝を挙げているキム・ハヌルがトップを走っている。

最近はそのキム・ハヌルが日本の有名週刊誌でグラビア(韓国風に言えば画報)を飾って話題になった。それも韓国では見せたことがない水着姿を披露しているのだから驚く。

(参考記事:驚きの水着グラビアと“袋とじ”。キム・ハヌル画報は韓国でどれだけ話題になっているのか)

「何を食べたか」「何を着るか」も話題になる

アン・シネも6月に週刊誌グラビアを飾り、日本のバラエティ番組に多数出演するなどしているが、今や韓国女子プロたちの人気は単なるプロゴルファーの域を超えていると言っても過言ではない。

こうした韓国女子ゴルフ人気の火付け役となったのは、韓国では“スマイルキャンディ”の愛称で親しまれたイ・ボミである。

2011年から日本でプレーするイ・ボミは、その愛くるしい笑顔と熱心なファンサービスで日本のゴルフファンたちの心を掴み、2015年・2016年には日本ツアー賞金女王にも輝いているが、その人気ぶりは突出していると言えるだろう。

例えばメディア報道の量だ。イ・ボミが出現する前までは韓国人プロが優勝しても新聞や雑誌で話題になることは少なかったが、数年前からイ・ボミの動向は試合成績にかかわらずかならず話題になる。前日に何を食べたか、今日は何を食べるのかといったことまで記事になるほどだ。

写真集を初めて発表した韓国女子ゴルファーは?

最近はアン・シネが「何を食べ、明日はどんなウェアを着るか」ということが定番記事になっているが、そうした些細なことでも報じられようになった韓国人プロは、イ・ボミが初めてだった。

この秋、キム・ハヌルの写真集が発売されることが決まっているが、韓国人女子プロゴルファーが日本で写真集やエッセイを発表したのもイ・ボミが初。日本企業がスポンサーになったり、私設ファンクラブが出来たのもイ・ボミが初である。

何よりも特筆すべきは、イ・ボミの知名度がゴルフ界だけに止まらず、その名が一般にも広く知れ渡っていることだろう。

ヨン様、キム・ヨナ、東方神起に続くのは…

その事実を物語るひとつの例が、日本の朝日新聞と韓国の東亜日報が共同で実施して2015年6月に発表した「日韓世論調査」の結果だろう。朝日新聞は有権者3000人を対象とし、東亜日報は18歳以上の男女102人を対象にしたその調査には、「韓国の人と言えば、まず誰を思い浮かべますか。1人だけ挙げてください」という設問があったのだが、その結果は象徴的だった。

当時のパク・クネ大統領(1位)、ペ・ヨンジュン(2位)、キム・ヨナ(3位)、金大中元大統領(4位)、東方神起(7位)など、政治家から韓流スター、K-POPアイドルと並んでイ・ボミが11位でランクインしたのである。

朝日新聞と東亜日報の共同調査は過去にも数回行われてきたが、女子プロゴルファーがランクインしたのは史上初のこと。つまり、それだけイ・ボミが日本でそれだけ認知されている証であり、イ・ボミは「日本でもっとも愛されている韓国人ゴルファー」であることの証明とも言えるだろう。

そして、このイ・ボミ効果によって韓国女子プロゴルフへの注目と関心が高まり、イ・ボミに続くようして日本にやってきたキム・ハヌルやアン・シネといった選手たちにも、スポットライトが集まるようになった。

これが現在の日本における韓国女子プロゴルフ人気の様相であるが、彼女たちが今の日本で人気を得ている意義はとてつもなく大きいと、日本で生まれ育った筆者は感じている。その理由については、次回でじっくりと触れていきたい。

(文=慎 武宏)

初出:『スポーツ・ソウル』(2017年10月13日)