数字上は「アジアの巨人」である日本

「東南アジアの勢いはすごい」「日本もいつかは追いつかれる」。タイやベトナムなど、旅行先としても人気の東南アジアには毎年、多くの日本人が訪れますが、このような旅の感想をお持ちの方が多いようです。しかし、国内総生産(GDP)ベースで世界第3位の経済大国である日本は圧倒的な「アジアの巨人」であり、中国に抜かれたとはいえ、まだまだ大きな差があるのが実情です。

【名目GDP】

日本      4兆9386億ドル
韓国      1兆4112億ドル
インドネシア  9324億ドル
タイ      4069億ドル
ベトナム    2013億ドル

 データ上はこれだけの開きがあるにもかかわらず“肌感覚”として脅威を感じる理由は「活気」と「物価」ではないかと思います。実際、「若者が多い」「消費活動が盛ん」といった声はよく聞かれますが、少子高齢化に苦しむ日本に比べて、アジア諸国はそもそも平均年齢が低いため、実態として活気があるのでしょう。

 物価に関しては、定期的に東南アジアを訪れる方は「さまざまなもの(食事やサービスなど)が安いことは間違いないが、以前よりは高く感じる」と話します。つまり、まだまだ差はあるものの、日本の物価に「確実に近づいている」ということです。これは、各国の「消費者物価指数」から紐解くことができます。消費者物価指数とは、商品やサービスの物価の変動を見る指標で、単純に言えば「インフレ率」です。

 以下は、各国の消費者物価指数が1996〜2016年の間にどれくらい変動したのかを表したものです。

国名      1996年  2016年

韓国      57.5   100.9
インドネシア  19.0   124.6
タイ      64.1   100.1
ベトナム    69.9   248.0
日本      97.7    99.8

政治で「日本の老い」は止められない

 ベトナムを例に説明すると、248.0が日本の99.8より大きいからといって「日本よりも物価が高い」というわけではなく、当然、ベトナムの方が相当割安です。これは、20年前は69.9で買えたものが2016年には248.0になっていることを表しています。各国のデータを見ると、韓国がほぼ2倍、タイが1.5倍、インドネシアは6倍となっており、インフレが進んでいることが分かります。これに対し日本はほとんど変わっていません。

 たとえば、日本ではこの20年間、牛丼が300〜350円程度で推移していますが、東南アジア各国においては、以前は1食150円程度だったものが、現在では200〜300円程度になっているということであり、日本人から見ると、昔は「半分以下」だったものが現在は「少し安いくらい」へと印象が変わっていることになります。

 経済危機や国家の政治状況の変化によって急激なインフレを経験している国もあるため、一概には比較できませんが、このようにデータを並べると、20年間もの長きにわたって「物価が変わらない」日本は異常とも言えます。また、物価が上がるということはお金を「今使った方がよい」という消費の後押しにもなります。数年後は同じ値段では買えないため、「お金の価値が下がる」ことを意味しているのです。

 物価が上がっている国は消費活動が盛んになり、経済が活性化しますが、日本のように物価が変わらない国は急いで何かを買う必要もないため、消費が増えないという悪循環に陥ります。その意味でアジア諸国は「未来ある若者」、日本は「ピークアウトした老人」と言え、旅をするとそのことを痛感するのかもしれません。

 この現状打破に果敢に挑んだのがアベノミクスですが、失敗は火を見るよりも明らか。好き嫌いは別にして、近年まれに見る「強い総理」である安倍晋三首相をもってしても、その壁は高かったということでしょう。もはや、政治ごときでこの国の老いを止めることはできない――。「熱いアジア」と接するとそう感じざるをえません。

(株式会社あおばコンサルティング代表取締役 加藤圭祐)