2009年の今日、Windows 7が発売されました:今日は何の日?
おもなできごと

・2005年10月22日、総務省と社団法人地上デジタル放送推進協会がアナログテレビに「2011年放送終了」シールを貼る告知活動を開始

・2008年10月22日、インドが同国初の月探査機「チャンドラヤーン1号」を打ち上げ

・2009年10月22日、東芝がBDドライブ搭載ハイエンドAVノート「Qosmio G60」を発売

・2009年10月22日、マイクロソフトが「Windows 7」を発売10月22日は「平安遷都の日」。延暦13年(793年)に桓武天皇が長岡京から平安京へと遷都した日。1895年に平安神宮が創建されてから、京都市ではこの日に時代祭が行なわれています。

過去のできごとで気になったのは、マイクロソフトの「Windows 7」発売(2009年)。重たいだの遅いだの不安定だの散々いわれ、一向にXPから移行が進まなかったVistaに続くバージョンです。要求するハードウェアスペックは高かったものの、さすがにXPが古くなっていたことに加え、PCの性能の向上もあって動作が軽快に感じられたためか、結構すんなりと受け入れられました。今でも使っている人がいるかもしれませんが、すでにメインストリームサポートは終了し、ビジネス開発製品のみの延長サポートになっています。なるべく早く、Windows 10へ移行しておきましょう。

もうひとつ気になったのは、東芝の「Qosmio G60」発売(2009年)。なぜこれが気になるかといえば、次世代光学メディア争いでHD DVD陣営だった東芝が、BDドライブを搭載した初めての機種だからです。そしてこのQosmioにはもうひとつ大きな特徴があって、それが、映像専用のプロセッサである「SpursEngine」の搭載。PS3で採用されたCellをベースに作られたプロセッサで、動画のエンコードや超解像技術による高画質化などに活用することで、CPUへ負荷をかけずに処理できるというのがウリでした。しばらくするとCPUが高性能化したため意味が薄くなってしまいましたが、ハードウェアとしては非常に興味深かったです。東芝って昔からこういうの好きですよね。「MPACT!」とか。


去年の今日から気になる記事をピックアップ


・米国でDNSサービスを狙ったDDoS攻撃が断続的に発生。TwitterやSpotify、PSNなど著名サイトがアクセス困難に



DNSへの攻撃によりアドレスが引けなくなり、大規模なネットワーク障害が起こったという話題です。こういった攻撃は何かに対する抗議活動という意味があるのかもしれませんが、不特定多数へ影響があるだけに理解されにくいものです。

一般のユーザーができることといえば、DDoS攻撃の踏み台とならないよう、PCをはじめネットワーク機器のセキュリティを高めておくことでしょうか。ルーターのファームも、しっかりと最新バージョンにしておきましょう。