小雪、松山ケンイチなど 「天の六白」だけに与えられた  “強運への9の質問”はこれだ!

写真拡大

99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

天から目線で
物事の本質を見抜け

 本書では、『9code判定法』で世界中の人を9タイプに分類していますが、今回は「天の六白」だけに与えられた、「強運への9の質問(ナインクエスチョン)」のち、これだけは会得してほしい“3つ”をご紹介します(残りの6つも、もちろん会得してほしいのですが、まずは、この3つから意識して取り組んでみてください)。

「天の六白」の有名人には、小雪、松山ケンイチ、稲盛和夫、香取慎吾、ナポレオン・ボナパルト、大谷翔平、羽生結弦、上戸彩などがいます。

「天の六白」のあなたでしたら、これを知れば、人生がダイナミックに変化します。仕事の成果はもちろん、日頃の生活でも、いままでにない“自然体の心地よさ”を五感いっぱいで感じることができるでしょう。

あなたが生まれながらにして持つ、【本来の素質となる能力】ですので、ぜひ本気になって磨いてみてください。

<<ベストQ1>>
本質を見抜く力を磨いていますか?

「天の六白」は、頭の回転がとても速い傾向にあります。
 加えて、物事の本質を即座に見抜く力も備わっています。
 これが、「天の六白」ならではの“天から目線”のなせる業なのです。

 社内会議など、「天の六白」は大きな役割を果たします。
 意見がバンバンでて、最終的にどうもまとまらない。そんな経験があると思います。
 そんなとき、状況をすばやく把握し、ズバッと物事の核心をまとめてくれるのが、「天の六白」です。

 よくも悪くもですが、全体を冷静に(悪く言えば冷ややかに)見てしまうのが「天の六白」です。
 だからこそ、物事の核心、急所、問題点が、ある程度話を聞いているだけで理解できてしまいます。

 ただし、注意点もひとつあります。
 その見抜いた本質を周囲に伝える際、上から目線(天から目線)に決してならないようにすることです。
 会議などで、上から目線で発言をしすぎると、
「真剣に考えて、アイデアも出しているのに、この人なんなの……」
 と反感を買い、冷徹な人だと思われることもあります。

 まずは相手を認めたうえで、やさしい口調で、
「確かにすばらしいアイデアだね。やってみたいよ。
 でも、〇〇というリスクや欠点もあるよね。
 もっと、革新はここだよね」
 とワンクッションを置いてあげましょう。
 それだけで、周囲からの、「天の六白」のあなたに対する印象はガラッと変わります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)