東京の両国国技館に展示されたフェラーリ創業70周年のシンボル「LaFerrari Aperta(ラ・フェラーリ・アペルタ」。V型12気筒エンジンと電気モーターのハイブリッド車で963馬力を誇る(撮影:大澤 誠)

「これより、フェラーリ、ドリブンバイ、エモーション、セレブレーションを開催つかまつります」――。


大相撲の行司、34代木村庄之助氏もフェラーリ首脳とともに記念撮影に収まった。自動車のイベントでは普段見ることのない異色の組み合わせだ(撮影:大澤 誠)

東京の両国国技館。カンカンカンという甲高い拍子木の音に続き、相撲行司の34代木村庄之助氏がイベント名の「Driven by Emotion(情熱に突き動かされて)」を、力士を呼び出す口上のように宣言すると、参加者の目は土俵上に一斉に集まった。

除幕されて姿を現したのがイタリアの高級スポーツメーカー、フェラーリが創業70周年を記念して開発した「LaFerrari Aperta(ラ・フェラーリ・アペルタ)」。V型12気筒エンジンと電気モーターとのハイブリッド車で、963馬力を誇るスーパーカーの牴9豊瓩澄

フェラーリは今年、世界各国でオーナ-を招いた創業70周年記念イベントを開いている。日本では10月12日にオーナーや関係者ら400人を集めたイベントを開催。全国からさまざまなモデルのフェラーリ70台が集結し、三重県の伊勢神宮まで走行する記念ラリーも行った。

力士のイメージとフェラーリを重ね合わせる


両国国技館から伊勢神宮へのラリーに出発するフェラーリ。イベントには全国各地から70台のフェラーリが集結した(写真:フェラーリ・ジャパン)

「イベントは大成功だった。あらためて日本のオーナーの皆様の高いロイヤルティを感じた」とフェラーリ・ジャパンのリノ・デパオリ社長は目を細める。相撲が持つ伝統や歴史、力強さとしなやかさが同居した力士のイメージが、フェラーリとも相通ずるものがあるとの考えから、土俵上にフェラーリを鎮座させるという斬新な発想はメディアの度肝を抜いた。

デパオリ社長は「日本は世界の中で最重要市場の一つであり、特別な存在だ」と明言する。実際、年間の新規登録台数は世界各国の中でもトップ3を争う。2016年のフェラーリの出荷台数は8014台(同社公表)だが、日本では2016年度のフェラーリ車の新規登録台数は726台(日本自動車輸入組合調べ)。暦年と年度の違いはあるが、おおむね9〜10%が日本市場で販売されていると考えていい。フェラーリにとっての最大マーケットは米国、続くのが英国で、3番目と4番目を日本とドイツが競っている。フェラーリの本国イタリアは販売台数では5番目の市場だ。

販売台数だけではない日本市場の重要性


フェラーリ・ジャパンのリノ・デパオリ社長は日本市場の重要性を強調する(写真:フェラーリ・ジャパン)

ただデパオリ社長が日本を「特別」と表現するのは、単に台数が出ているからだけではない。「これまで私が見てきた中東や中国、香港、台湾などの市場と明らかに違う」と言わしめるのは、日本のオーナーのフェラーリブランドに対する深い理解とロイヤルティの高さだ。

「もともと創業者のエンツォ・フェラーリはレースがしたくてフェラーリを創った。われわれのDNAはレースやF1にある。モータースポーツの歴史が長い日本のオーナーもそこに深く共感いただいているようだ」


日本でも人気の「GTC4ルッソ」。V型12気筒エンジンを搭載する(写真:フェラーリ・ジャパン)

フェラーリ独特のV12やV8エンジンを搭載したスポーツカーモデルに加えて、日本では「カリフォルニアT」や「GTC4ルッソ(T)」といった「GTセグメント」も広く受け入れられている。日常的なドライブに適し荷物も積めるなどの多用途性を重視したモデルだ。このGTセグメントの16年の日本での販売台数は2012年と比べて3倍に拡大している。

日本市場を特別と考える理由はまだある。フェラーリは「テーラーメイド・プログラム」が充実しており、デニムやオーストリッチ(ダチョウ)を用いた内装や外装など、自分好みの狎こΔ1台だけ瓩亮屬鯀呂蠑紊欧襪海箸できる。これらに対する日本人のこだわりはハンパなく、フェラーリ本社があるイタリアのマラネッロのアトリエまで飛んで、素材を選ぶオーナーもいるという。

昨年フェラーリが日本市場に進出してから50年目の節目を迎えたが、それを機に日本限定の「J50」を10台生産した。フェラーリの70年の歴史の中で、特定のマーケットために新モデルを生産したのは、米国の60周年の時と日本の50周年の時だけという。

現在フェラーリは日本市場の強化にむけて動き出している。正規ディーラーのネットワークを拡充し、新車でも中古車でも正規ディーラー経由での販売比率を高めるのが目標だ。国内にある9か所の正規ディーラー経由で購入すれば7年間の無料メンテナンスなどのサービスを受けることができる。非正規の独立系のディーラーでの購入ではこうしたサービスを受けることはできない。正規ディーラー販売を通じたオーナーのネットワークを拡充し、顧客の囲い込みを図る戦略だ。

その一環として同社と正規ディーラー契約をしている「コーンズ・モータース」は今年6月、アジア最大級のアフターサービス拠点を東京・東雲(しののめ)に開設した。フェラーリのオーナーの約半数を占める関東の顧客へのサービスを充実させる狙いだ。東京・芝にあるサービスセンターの2倍の処理能力を誇るという。これもまたフェラ―リの正規ディーラーに顧客を呼び込むための犖討喊絖瓩噺世┐襦

本国以外で初めて認定証発行を可能に

さらに、10月にはこの「コーンズ東雲サービスセンター」で、本国以外では世界初の部門が設置される。「オフィチーナ・クラシケ」という部門で、生産から一定期間が経過したフェラーリの真贋を確かめ、すべて純正部品と認定すれば「認定証」を発行する取り組みだ。


70周年イベントには多くのフェラーリファンが詰め掛けた。フェラーリも新規顧客の開拓に力を入れている(写真:フェラーリ・ジャパン)

従来は本国イタリアにまで車を輸送しなければこうした鑑定はできなかったが、日本でもいわゆるクラシック・フェラーリカーの認定ができるようになる。たとえば、1960年代に生産された希少な「250GTO」は認定証の付与により、40億円の値がついたこともある。

「販売台数は追わず、希少性や唯一無二を大事にする」とデパオリ社長は言うものの、新規顧客の開拓も余念がない。フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどSNSを駆使し、情報発信やユーザー参加型のキャンペーンなどを展開し、ターゲットとする会社経営者や起業家、医師など富裕層へのアプローチを展開する。

孤高の道を行くフェラーリにも懸念もある。世界的なEV(電気自動車)シフトや自動運転化、コネクテッド化など「100年に1度の転換期」とも言われる自動車産業の革命的な動きだ。どのように対応するのか?

EVではフェラーリの楽しみが味わえない


フェラーリが創業70周年を記念して開発した「LaFerrari Aperta(ラ・フェラーリ・アペルタ)」のパワートレイン。電動モーターを兼ね備える。V型12気筒の自然吸気エンジンが独特の音を作り出す(撮影:大澤 誠)

デパオリ社長は「パワフル、ビューティフル、エモーショナルな車を創るのがフェラーリだ。確かにEVのパフォーマンスは良いかもしれない。ただフェラーリ独特の排気音やデザイン、乗ったときのワクワク感などをEVで実現できるとは思えない。

ラフェラーリ・アペルタは自然吸気エンジンを補完する形でハイブリッド技術を採用しているが、純粋なEVでフェラーリの良さを実現させるのは難しいだろう」と展望する。

また、「単なる移動手段なら自動運転車もいいが、フェラーリは移動するための車ではない。運転する喜びが失われる自動運転車にフェラーリがシフトすることは考えられない」と明言。

これらは、フェラーリの熱狂的なファンにとっては何とも力強い言葉だろう。だが、「動く芸術品」とも言えるフェラーリとて、公道を走る以上、環境対策や安全対策とは無縁でいられるはずもない。現在の生産台数は年間約8000台だが、今後台数が増えると排ガス規制などが厳しくなる可能性はある。安全運転支援についても同様だ。いくら「走る楽しみ」を追求すると言っても、他の車や歩行者に対する安全確保が前提となるはずだ。

自動車産業が歴史的な転換期を迎える中、フェラーリはどこまで独自路線を突き進むことができるのだろうか。