この時期の「北海道標津いくら丼」(2,200円 税別)は必食の旨さ!

これから新ものが出回り始め、さらに美味しさを増すのが「いくら」。

そんな新もののいくらを味わうのに最適の名店が今回紹介する『北海道UEDAGUMI』である。

「日本一のいくら」と評されるいくらの美味しさの訳をお伝えしよう。



都内高級寿司店も御用達の北海道一流いくら業者である神内マ印商店から仕入れる北海道標津漁港で獲れるいくらを使用
食べた瞬間、感動必至!日本一のいくらはこうして生まれる

銀座SIXの6階にある『銀座大食堂』の一店舗として誕生した『北海道UEDAGUMI』。

この店の魚介類のほとんどは北海道から直送のものを使用しているが、注目したいのは「北海道標津いくら」の美味しさだ。

皮が柔らかく、口に入れるだけで、ほぐれるように美味しさが弾け出すいくらは、まさに日本一の美味しさと言える。



北海道産のななつぼしを使用。いくらの味わいを存分に楽しめるようにと白米の上にたっぷりと盛られ、最後まで飽きることなく楽しめる

その美味しさを作り出す最大の秘密は、船上活しめに隠されている。一般的に、鮭は陸にあげられてからしめるが、同店で使用しているいくらは、船の上で獲れた瞬間に血抜き作業が行われる。

そして徹底した衛生管理のもと、港からすぐの加工場へと運ばれ、筋子をいくらにする作業へと入っていくのだ。そのため、鮮度が落ちることなく、最高の状態を保ったまま、いくらへと加工されていくのだ。



「活〆鮭の押し寿司セット」(3,800円)。胡麻とたくあん、大葉を混ぜた酢飯と鮭の相性も抜群だ。※三種の小鉢の内容は日により異なるが「ポテトサラダと塩辛」、「カニとわかめと酢の物」など

そんな絶品いくらを存分に楽しみたいならば迷わず「北海道標津いくら丼」を注文。北海道産ななつぼしの白米の上に、これでもかといくらが盛られ、まさにいくら尽くしを楽しめるのだ!

また、北海道標津漁港で水揚げされた銀鮭や白鮭の新鮮さは「活〆鮭の押し寿司セット」でも味わうことが出来る。

押し寿司というと、魚の身が酸っぱく、薄いという印象があるかもしれないが、同店の押し寿司は身がぷっくりと厚く、柔らかいうえ、鮭本来の旨みが楽しめるように仕上げられている。


秋はいくら祭り状態なんです!!



「北海丼」(4,500円)。うに、いくら、鮭、カニ、帆立という北海道産の海の幸をふんだんに盛り込んだ豪華な丼は、贅の極み!
豪華海鮮丼にも大注目!

もちろんいくらだけでなく、その他の北海道産食材も絶品である『北海道UEDAGUMI』。

10月から提供を開始した「北海丼」や「知床三昧丼」などの丼メニューにも注目したい。



「知床三昧丼」(3,000円)。いくら、カニ、ホタテ、鮭を使用

いくら丼と同様に、北海道産のななつぼしの白米の上に、北海道産の魚介がたっぷりのる。

肉厚なホタテや、旨みの強いカニ、そしていくらやうにという贅沢な食材たちが全て北海道産なのだから、旨くないはずがない!



「レディース御膳(日替わり)」(3,500円)は、ランチでも内容は変わらず2,980円とお得に楽しめるのも嬉しい!
うにソースがたまらない!!

女性ならば、鮭、タコ、ホタテの切り身に、特性のうにソースを合わせて味わう「レディース御膳(日替わり)」もおすすめ。

蒸したうにと生うにを合わせて裏ごしし、秘伝の調味料で味付けした濃厚なソースは、ご飯との相性も抜群。



少しずつ魚介に付けながら味わうのもいいが、豪快にソースをかけてご飯とともに味わうのがおすすめ。

好みの味わい方で、この絶品御膳を楽しんで欲しい。



高級感は漂うが、決して入りにくさは感じない全9席のカウンター

銀座大食堂のホール席で味わうこともできるが、イチ押しは『北海道UEDAGUMI』のカウンター席である。

鮮度抜群の美しい魚介たちが目の前で、華やかな丼や御膳へと姿を変えていく様子は、見ているだけでも食欲をそそられる。軽めの接待や会食、デートや女子会まで幅広く利用されている『北海道UEDAGUMI』は、10月末〜11月上旬がイキドキ!今から予約して、新ものいくらの美味しさに酔いしれよう。