都内最強のデートスポットといえば間違いなく「恵比寿」だろう。しかし、若者たちによる喧騒も都内最強。

少し前はそんな喧騒も恵比寿の空気として楽しめていたが、そんなノリにももうそろそろ疲れてきた今日この頃。

ならば、いつものデートと見せかけて、渋谷へ誘い出すのはどうだろう。向かうのは「並木橋」。恵比寿駅からタクシーで1メーターで着くこのエリアには想像の斜め上を軽く越してくる、劇場型カウンターを誇る店が多数。

なかでも『並木橋なかむら』は、明治通りを一本入った路地に佇む隠れ家和食店だ。ダウンライトがムーディな空間に広々としたカウンターが鎮座する店内は、今宵も恋人たちを密着させているという。



馴染みの街、恵比寿からタクシー5分で辿り着く新世界
『並木橋なかむら』

待ち合わせはいつもの恵比寿。通い慣れた店に行くと見せかけて今夜のチョイスは、『並木橋なかむら』に。

明治通りをタクシーを飛ばしてもワンメーター強だから、そんな手口も有効だ。渋谷の雑踏を通らなくて済むのも利点。



大通りから一本路地に入ったビルの2階という隠れ家的ロケーションもまた、大人の心をくすぐる。

階段の下には唯一の目印である看板が、ひっそりと灯っている。階段を一歩登るごとにふたりの気分も高まってくるはずだ。



ダウンライトがムーディなカウンター。大人なふたりの空気感にぴったり

店内に入るや目に飛び込むのが、木目が美しい大型のカウンター。そして、その向こうに立ち上る湯気と料理人たちの活気が、気分を一段と盛り上げてくれる。

さらに、目線をあわせることなく密着しつつも気負わずに話せるのがカウンターのメリット。キッチンの向こうの料理人から説明される本日のおすすめを聴きながら、会話を交えるのも悪くない演出だ。



料理を一気に頼んでも広々と使える白木のカウンター


1993年に下北沢にオープンした人気和食店が、2008年に現在の並木橋に移転。以来、気軽に楽しめる確かな和食と都会の食通の愛され続けている。

また隠れ家的立地ゆえ、客層に騒がしい若者が少ないというメリットもある。


立地が悪くとも大人の食通が足繁く通ってしまう極上和食



まず注文したいのは、厳選された魚介を使用した料理。写真の「海老しうまい」も海老をふんだんに使用しており海老感満載。

そして長年付き合いのある目利きの肉店から仕入れるA5クラスの和牛。この魚介料理と和牛は必ず頼んで欲しい『並木橋なかむら』を代表する食材だ。



「特上和牛A5 イチボ叩き 本わさびと九州醤油にて」¥2,200



「あわびといくらの土鍋ごはん」は、1.5合〜¥3,800〜


もちろん〆のご飯も間違いない。ほぼ月変わりで用意されるご飯ものはいつ行っても新しいメニューがあるので、ご飯を目当てに通ってしまうリピーターも多数。

そして、どのメニューも大概、リクエストすればふたり分に対応してくれるホスピタリティもうれしいところだ。



プリプリの食感がたまらない「海老しうまい」は4個入りで¥800。人数に応じて調整してくれる


最後に、見逃せないのが、平日ラストオーダーの遅さだ。23時30分入店もOKなのだから、夜遅い待ち合わせにも使える。

巨大カウンターがもたらす臨場感に時を忘れ、ふたり並んで旬の和食を堪能すれば、改めて並木橋の魅力の一端を感じることができるだろう。




日本酒はもちろん、和食に合う美酒も豊富

全国から集めた日本酒¥900〜は、およそ18種類で、店長野内宗弘さんのセレクト。1合、2合、4合のデカンタで提供。半合のリクエストも可能だ。

ほか、焼酎グラス¥650〜、グラスワイン¥750〜、ハイボール¥650〜などはもちろんのこと、女性好みのオリジナルサワー(生姜、塩トマトなど)各¥650も人気。和食とのペアリングを楽しみたい。




本日発売の月刊誌「東京カレンダー12月号」は一冊丸ごと、渋谷特集!

大人が再び「渋谷」に行きたくなる情報だけ掲載!


渋谷は若者だけの街じゃない!大人が本当に使える渋谷の情報は最新号「東京カレンダー12月号」に!

恵比寿、表参道には行くけど、最近、渋谷に行っていない、そんな大人に捧げる保存版・渋谷パーフェクトバイブルだ!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は10/21(土)!