えっ? お風呂に粉ワイドハイター丸ごと一本!?  超意外な使い方

写真拡大 (全11枚)

衣服の漂白剤として売られている粉ワイドハイター。じつはこれ、お風呂のあるモノのそうじに使えて、超便利なんです! その使い方とは?


お風呂そうじにも使える
粉ワイドハイター活用法


粉ワイドハイターといえば、洗濯モノの黄ばみや食べこぼしなどのシミを落とす漂白剤。浸けおくことで、漂白・除菌・消臭効果がさらにアップして、しつこい汚れまで強力分解してくれるという優れモノです。



この優秀っぷり、洗濯だけに使っていたのではもったいない! その活用法とは、手で触れるのは抵抗があるお風呂のイスや浴槽のフタについたヌメヌメの赤カビや、水アカのそうじです。粉ワイドハイターがあれば、さわらずキレイに! その方法をご紹介します。


【やり方】粉ワイドと一緒に浴槽に
ドボンするだけでさわらずキレイ!


やり方はカンタン。しかも汚れをスポンジやブラシなどでゴシゴシこすったりする必要もなく放置するだけです。こんな汚れもさわらずキレイになります。



[Before]表面についた赤カビと水アカ。こんなイスに座っていたとは……。



裏返すと、さらに汚れがみっしりついています。さ、はやいところ、キレイにしましょう!



[手順 粉ワイドハイターは丸ごと一本豪快に使いましょう。フタ・イスなどのバスグッズをお湯を張った浴槽に入れたら、ハイターをドバッと投入し溶けきるまで混ぜます。



[手順◆設定温度を50℃ほどにして、追い焚きスイッチを入れます。一時間ほど放置したら、シャワーで洗い流すだけ。汚れはどうなったでしょうか?



[After]買ったときのような真っ白さが復活しました!



あんなにドロドロだった裏側もこの通り、ピッカピカです。この方法、汚れにノータッチでいいのが何よりうれしいところ。万が一、汚れが残っていても、シャワーをかければ、こすったりしなくても汚れが落ちていきます。


【プラスαのテク】追い焚き中の
蒸気を利用してお風呂中ピカピカ


追い焚きしている最中は、蒸気が発生して、カベや床、蛇口まわりなどお風呂全体の汚れがふやけて浮き上がり、落ちやすくなります。この蒸気を活用しない手はありません!



使うのはバスマジックリン。ふだんお風呂そうじで使っている洗剤などでも十分です。



細かな蛇口まわりにシュッと吹きかけます。



水がたまりやすいラックにもシュッシュッとしたら、追い焚き中に20分ほど放置。その後、シャワーで洗い流せば、ピカピカになります。


【汚れ予防】週1マジックリンで
ピカピカお風呂がキープできます


上記の方法でキレイになったお風呂をキープする方法もご紹介します。これまたカンタン、週に1度、お風呂あがりにバスグッズや汚れがつきやすい部分にバスマジックリンをシュッと吹きかけ、20分後に洗い流すだけ。この週1の習慣で、お風呂が汚れを防げます。

スポンジやブラシいらずのラクラクお風呂そうじ法、ぜひお試しくださいね!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。